不器用で面倒くさくて、けど温かい、家族の姿――岡田将生主演で鉄拳のパラパラ漫画映画化!

エンタメ

2018/10/7

img01.jpg
(C)「家族のはなし」製作委員会

 岡田将生主演での映画化が決定していた、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画『家族のはなし』。同作の公開日が2018年11月23日(金)に決定し、「やっと公開日が発表された!」「早く見たいなぁ」と反響が続出している。

 同作は鉄拳が2013年に信濃毎日新聞との企画で発表した漫画。第17回「アジア太平洋広告祭」ではフィルム部門、プレス部門のダブル受賞を果たし、「涙が止まらない」「いい話すぎるだろ…」「家族の大切さが身に染みて感じられるわ」「ネタ用の面白い絵だけじゃなく、感動的な物語まで作れるなんて」と各所で話題を集めた。

 岡田が演じる主人公の拓也は、リンゴ農園を営む両親の一人息子。大学へ進学した拓也は、仕送りを受けながら東京で暮らすように。大学生活の傍らバンド活動にも励み、プロへの道を歩き出すが挫折。上手く行きかけてはつまづく自分に苛立つ拓也は、リンゴに熱中する父親をいつからか疎ましく思うように。「何もない田舎で同じことを繰り返しているつまらない人間だ!」とヤケになっていたが、故郷で“父親が大好きだった頃の自分”と再会して家族の温かさに気づく―。

 鉄拳は原作者としてだけでなく、アートディレクターとしても同映画に参加。劇中では鉄拳が描き下ろしたパラパラ漫画に、実写映像がコラボするという斬新な試みも行われる。鉄拳自らの参加は大きな反響を呼び、ネット上には「原作者が直々に参加してくれるなんてありがたい」「パラパラ漫画が組み込まれたら、原作の雰囲気もそのまま出せるね」「あの漫画がスクリーンに出たら号泣してしまいそう」と期待の声が続々と上がっている。

 実写映像とパラパラ漫画のコラボは、どんな映像を届けてくれるのだろうか。気になった人は劇場に足を運んでみては?

■映画「家族のはなし」
公開:2018年11月23日(金)
原作:鉄拳『家族のはなし』
出演:岡田将生、時任三郎、成海璃子、財前直見 ほか
監督:山本剛義
公式サイト:http://kazokunohanashi.official-movie.com