「絶対映画館で泣く自信がある…」永野芽郁&北村匠海W主演で『君は月夜に光り輝く』実写映画化!

エンタメ

公開日:2018/11/4

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
img01
『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜/KADOKAWA)
(C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

 佐野徹夜の小説『君は月夜に光り輝く』の実写映画化が決定した。ファンからは「あの感動小説が映画化とか観るしかないじゃん!」「絶対映画館で泣く自信がある…」と期待の声が続出している。

 佐野のデビュー作である同作は、日本最大級の小説公募新人賞「第23回電撃小説大賞」で大賞を受賞。審査員だけでなく多くの作家から絶賛され、2017年2月の発売以来“圧倒的な感動作”として幅広い世代に読まれているベストセラー小説だ。

 同作は大切な人の死を忘れられない高校生・岡田卓也と、不治の病にかかった余命わずかなクラスメイト・渡良瀬まみずの交流を描いたラブストーリー。なげやりに生きてる卓也のクラスには、まみずという「発光病」で入院している同級生がいた。月の光を浴びると体が淡く光り、死期が近づくとより強い光を放つ発光病。余命わずかなまみずに“死ぬまでに叶えたい願い”があると知り、卓也は手伝うことを約束する。この約束から、止まっていた卓也の時間がふたたび動き始めることに…。

advertisement
img03.jpg
(C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員

 まみず役に抜擢されたのは、永野芽郁。ヒロインを演じるにあたり「まみずの心の言葉を自分が演じる事で壊さないように、お守りとして原作と共に撮影に臨みたいと思います」とコメントしている。また卓也役は、ダンスロックバンド「DISH//」のメンバーとしても活躍する北村匠海が演じることに。「僕自身この作品に真正面から向き合って変わらない映画への愛を注いでいきます。完成を楽しみにしていてください!」と意気込みを明かした。

 映画化の情報にネット上では、「2人ともラブストーリーにはピッタリすぎる!」「早く観に行きたくて待ちきれない…」「映画館にはハンカチ持っていかなきゃ」「キャストが期待できる人ばかり!」といった反響が続出している。

 映画は2019年3月15日(金)から公開予定。2018年10月25日(木)には最新作『アオハル・ポイント』も発売されたので、一足先に佐野の世界観に触れてみては?

■映画「君は月夜に光り輝く」
公開日:2019年3月15日(金)
原作:佐野徹夜
出演:永野芽郁、北村匠海、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博 ほか
監督・脚本:月川翔

この記事で紹介した書籍ほか

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784048926751