「この機会を逃したら絶対後悔する…」『ろくでなしBLUES』展示会開催にファン大興奮!

アニメ・マンガ

2018/11/13

 2018年12月4日(火)から12月24日(月・祝)まで、森田まさのりの漫画『ろくでなしBLUES』の展示会が開催決定。ファンからは「原画が観れるなら行くしかないでしょ!」「この機会を逃したら絶対後悔する」と期待の声が続出している。

 同作は、泣く子も黙る超弩級のノーテンキ喧嘩野郎・前田太尊の高校生活を描いた青春ストーリー。太尊は舞台である帝拳高校に入学した途端、応援団とボクシング部の抗争に巻き込まれてしまう。さらに停学中のボクシング部主将・畑中が戻ってきて状況は一変。事態は混迷を極め、波乱に満ちた学園生活がスタートするのだった―。

 1988年の『週刊少年ジャンプ』連載スタートから、今年で30周年を迎えた同作。漫画だけでなく、さまざまなメディアで展開されている。『ジャンプ』の黄金期を支えたヒットマンガとしての人気はもちろんのこと、普遍的な「男らしさ」や軽妙なギャグが多くのファンを魅了。連載が終了している現在も、世代を超えて愛され続けている大人気作品だ。

 今回の展示会では連載当時の貴重な原稿を中心に、制作資料や森田秘蔵の関連アイテムなどを公開。他にも当時販売されていた各種グッズの展示も予定されている。この情報にファンからは、「当時買えなかったグッズが観れるとか最高すぎる!」「生で観る原画は迫力が凄いんだろうな」「関連アイテムが気になりすぎて眠れない!」と喜びの声が続出。

 さらに本展ではオリジナルグッズの販売や、森田による直筆サイン会の開催されることが明らかに。ネット上では「原画が観れるだけでも嬉しいのに、グッズも販売されるなんて神展示会だね」「サイン欲しいから早めに行かないと!」「サイン貰ったら家宝にしよう」といった反響が起こっている。

 連載当時に影響を受けたリアルタイムのファンだけでなく、アニメや実写版などの作品をきっかけに読み始めた現代のファンも楽しめる本展。あなたも展示会を訪れて、『ろくでなしBLUES』の世界観にどっぷりハマってみては?

■「ろくでなしBLUES展」
開催期間:2018年12月4日(火)~12月24日(月・祝)
入場時間:午後12時から20時(土日祝・午前11時から)
開催会場:墓場の画廊・中野本店
特設サイト:http://hakabanogarou.jp/nakano/3080/