「相変わらず仲良しでこっちも幸せ」 郁&堂上夫婦初めての夏を描いた『図書館戦争LOVE&WAR別冊編』7巻が大好評!

アニメ・マンガ

2019/2/16

img01.jpg
『図書館戦争LOVE&WAR別冊編』7巻(漫画:弓きいろ、原作:有川浩/白泉社)

 2019年2月5日(火)に、有川浩の小説をコミカライズ化した『図書館戦争LOVE&WAR別冊編』の第7巻が発売された。堂上と郁が結婚後初めて迎える夏の日々が描かれ、「相変わらず仲良しでこっちも幸せ」「堂上最高! って思う7巻だった」と大好評だ。

img02.jpg

 同作は、有川の大ベストセラー小説『図書館戦争』のスピンオフ作品を弓きいろが漫画化した物語。図書特殊部隊に所属している主人公・笠原郁はずっと思いを寄せていた上司・堂上篤に告白し、2人はカップルとして新しい日々を共に過ごしている。第5巻では堂上の方から郁にプロポーズを果たし、にぎやかな結婚式で晴れ姿をお披露目。「郁のドレス姿が見られて嬉しい!」「原作より甘々な描写にキュンとする」「いつまでたっても羨ましさ満点のカップル」と、ファンから歓喜の声が相次いだ。

 郁が入隊7年目を迎えた第6巻を経て、第7巻では夫婦となった2人が花火大会に行くことを約束。一方郁の同期である柴崎は新しいルームメイトに水島を迎え、さらにひょんなことから図書特殊部隊の手塚とカップルのフリをすることに―。

 手に入れた読者からは、「いよいよ手塚×柴崎編だ! 待ってました!」「この2人の絶妙な距離感が大好き」「少しハラハラする展開だけど時々出てくる堂上夫婦が癒し」と絶賛の声が続出。原作小説を先に読破した人からは、「ここからいよいよ例のエピソードがやって来るのか…」「読みたいけど読みたくない、複雑な気持ち」とこの先の展開を心配する声も上がっているようだ。

 1月24日(木)発売の月刊『LaLa』3月号では、同作が表紙&カラーで登場。表紙はパジャマ姿の堂上と郁が歯磨きをしているイラストで、いかにも新婚夫婦といった雰囲気になっている。

 いよいよクライマックスにさしかかっている同作。小説を未読の人も楽しめるコミカライズなので、今からでも手に取ってみては?