「推しキャラを1位に…!」『七つの大罪』5年ぶりのキャラクター人気投票開催に歓喜の声

マンガ・アニメ

2019/2/17

img01.jpg
『週刊少年マガジン』11号(講談社)

 2019年2月13日(水)発売の『週刊少年マガジン』11号では、『七つの大罪』が連載300回を突破。巻頭カラーやキャラクター人気投票企画が登場し、「もう300回なんて感慨深い!」「推しキャラを1位にしてあげたいなぁ」とファンの間で話題になっている。

 同作の連載がスタートしたのは、2012年から。伝説の騎士団“七つの大罪”の活躍を描いた王道ファンタジーな展開がたちまち人気を博し、アニメ化やゲーム化、舞台化などさまざまなメディアに展開されてきた。

 300回記念の巻頭カラーでは、騎士団“七つの大罪”が全員集合。主人公のメリオダスとバンを中心に、地図を広げて行き先を話し合っているようなイラストに。さらに同号から、「第2回『七つの大罪』キャラクター人気投票」の開催も決定。第1回は2014年に開催されたため、実に5年ぶりの人気投票企画となる。本編の直後には投票対象となるキャラ約100人の名前とイラストが並び、レギュラーメンバーから懐かしのメンバーまで大集合。ちなみにキングやエスカノールのような姿を変えるキャラは、まとめて1キャラ扱いになるので要注意だ。

 ひさびさの人気投票とあって、「今度こそメリオダスを1位にしなきゃ」「ディアンヌちゃんのために頑張る!」「だれに投票しようか迷うなぁ」とファンも気合い十分。投票は2月23日(土)が締め切りとなっている。

 記念企画はこれだけでなく、今回限定の『七つの大罪』グッズが当たるプレゼント企画も登場。作者・鈴木央のサイン色紙や特製ブックカバー、複製原画セットなど、どれもこの企画でしか手に入らない激レアアイテムだ。

 2月27日(水)には、2018年8月公開の映画「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」のBlu-ray&DVDが発売される予定。まだまだ終わらないメリオダスたちの冒険を、これからも見守っていこう。