板垣瑞生が映画初主演! 竹内涼真は「ブラックペアン」以来の医師役に! 青春SF小説『初恋ロスタイム』映画化に期待の声

エンタメ

2019/2/21

img01.jpg
(C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会

 仁科裕貴の青春SF小説『初恋ロスタイム』が、板垣瑞生(M!LK)と吉柳咲良の出演で実写映画化されることが明らかに。ティザービジュアルも公開され、「ロスタイムって設定が面白そう」「ビジュアルの切ない感じがとても好き」と期待が寄せられている。

img02.jpg
(C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会

 同作は、主人公・相葉孝司と不思議な雰囲気を持つ少女・篠宮時音の物語。孝司はある日、自分以外の時間が停止する奇妙な現象を経験する。止まった世界の中で出会ったのは、孝司と同じように自由に動き回れる時音。孝司と時音は毎日1時間だけ停止する“ロスタイム”の中で、少しずつ距離を縮めていくのだった―。

 映画で孝司を演じる板垣は、ダンスボーカルグループ・M!LKのメンバー。ドラマ「精霊の守り人」シリーズや映画「響 -HIBIKI-」などで役者としても活躍しており、「初恋ロスタイム」が映画初主演となる。時音を演じる吉柳は、第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」で歴代最年少グランプリを受賞した注目の女優。さらに“ロスタイム”のカギを握る医師・浅見一生役として、竹内涼真の出演も決定した。このキャスティングにはファンからも、「瑞生くんが主人公なんて嬉しすぎる!」「2人とも既にお似合いな雰囲気」「涼真くんがお医者さんか! 絶対観に行こう」と歓喜の声が上がっているようだ。

 板垣は映画について、「この映画を見て、少しでも今この現実に向き合おうなど… 元気が出てもらえればと思います!!」とコメント。公開は2019年9月頃の予定なので、続報を心待ちにしていよう。

■映画「初恋ロスタイム」
原作:仁科裕貴
監督:河合勇人
出演:板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、石橋杏奈、甲本雅裕
公式サイト:https://hatsukoi.jp/
公式ツイッター:https://twitter.com/hatsukoi_movie

img03.jpg
『初恋ロスタイム』(仁科裕貴/KADOKAWA)
(C)「初恋ロスタイム」仁科裕貴著(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)