『からかい上手の高木さん』山本崇一朗がマガジンに! 新連載『それでも歩は寄せてくる』が話題に

マンガ・アニメ

2019/3/11

img01
『週刊少年マガジン』14号(講談社)

 2019年3月6日(水)発売の『週刊少年マガジン』14号から、新連載『それでも歩は寄せてくる』が連載開始。将棋部を舞台とした新型ラブコメとなっており、「これはニヤニヤしちゃう」「歩くんかわいいぞ…!」と話題になっている。

 作者の山本崇一朗は、『からかい上手の高木さん』で知られる漫画家。同作は思わせぶりな女子・高木さんにからかわれる日常を描いた作品だ。新作となる『それでも歩は寄せてくる』は、『マガジン』創刊60周年記念としてスタート。連載第1回目からセンターカラー&一挙2話掲載となっている。

 将棋部の部員は、2年生の八乙女うるしと1年生の田中歩の2人きり。対局中、歩はうるしに「かわいい」と言いはじめ、うるしを動揺させる。うるしは「お前私のこと好きだよな」と強気に出るが、歩ははぐらかして認めない。本心を隠す歩とどうしても聞き出したいうるしは、盤の外側で心理戦を仕掛けあう―。

 照れを隠して大胆な行動に出るうるしに対し、ポーカーフェイスで巧みにかわし続ける歩。2人の絶妙な距離感には、「このつかず離れず感めっちゃ好きなやつだ」「歩くんの本心が一途で可愛すぎる」「さすが山本さん、照れ顔がナイス」と読者から絶賛の声が相次いだ。

 現在山本は、『ゲッサン』にて『からかい上手の高木さん』と『くノ一ツバキの胸の内』を連載中。増え続ける連載に、「まさかこのタイミングで新作が出てくるとは」「山本先生頑張りすぎ!」「心配だけどかなり嬉しい」とファンから驚きの声が続出している。

 3月12日(火)には、稲葉光史による『からかい上手の(元)高木さん』の第5巻が発売。結婚した西片と高木さんが、愛娘・ちーと共に過ごす日常が描かれている。さらに、寿々ゆうまによる『恋に恋するユカリちゃん』も『ゲッサン』で連載中。高木さんのクラスメイト・天川ユカリが主人公となっているので、気になる人はチェックしてみては?

img02
『からかい上手の(元)高木さん』5巻(著:稲葉光史、原作:山本崇一朗/小学館)