「最高にイケメンなのに最高に変態」 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』松田翔太が登場する予告編映像が話題

エンタメ

2019/4/20


 2019年7月19日(金)公開の映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の予告編が公開された。新キャラクター・月山習を演じる松田翔太の姿が、「これは間違いなく月山さんだ」「最高にイケメンなのに最高に変態」と歓喜の声が上がっている。

 同作は、石田スイの漫画を実写化した作品の第2弾。人を食べなければ生きていけない種族“喰種(グール)”が存在する世界で巻き起こる物語だ。窪田正孝演じる主人公・金木は、人間でありながら喰種の臓器を移植された半喰種。第1弾となる「東京喰種 トーキョーグール」では、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCGと金木の戦いが描かれている。

 第2弾で金木が出会うのは、“美食家(グルメ)”と呼ばれる喰種・月山。金木は喰種が集う喫茶店「あんていく」で平穏な日々を過ごしていたが、ある日月山から「喰種レストラン」に招待された。月山が金木に近づいた目的は、金木を食べてみたいという己の欲求を満たすため。自分と自分の大切な仲間を守るため、金木は喰種同士の熾烈な戦いに身を投じることに―。

 予告編は「おかえり、金木君」という月山の言葉から始まり、眼帯をつけた金木や高級そうな料理を食す月山の姿が。本性を現した月山は「金木君を喰べたい」と喚きはじめ、金木は喰種の能力を駆使して月山に抵抗する。映像の中には「動き始める 変態」というフレーズも大々的に登場し、見た人からは「思った以上にド変態だな!」「このクレイジーな月山を大スクリーンで拝めるのか」「“喰べたい”の言い方で鳥肌立った」と興奮の声が続出した。

 予告と同時にポスタービジュアルも公開され、金木と月山、そして山本舞香演じるトーカが登場。タイトルや公開日と共にキャストクレジットも記載されているのだが、最後の1人だけピンク色のインクで塗りつぶされたようなデザインになっている。このクレジットについて、ファンの間では「何この思わせぶりなキャスト欄」「何で隠されてるの!?」「めちゃくちゃ気になるじゃん」と話題に。一体誰がどんなキャラクターとして登場するのか、公開を楽しみに待っていよう。

■映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」
原作:石田スイ
監督:川崎拓也、平牧和彦
出演:窪田正孝、松田翔太、山本舞香 ほか
公式サイト:http://tokyoghoul.jp/

img01
『東京喰種 トーキョーグール』1巻(石田スイ/集英社)