「意外だけどいい組み合わせ!」 経理部女子を描いた『これは経費で落ちません!』が多部未華子&重岡大毅でドラマ化決定

エンタメ

2019/6/6

img01
『これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~』1巻(青木祐子/集英社)

 青木祐子の小説『これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~』が、多部未華子主演でドラマ化されることが決定。相手役にはジャニーズWEST・重岡大毅がキャスティングされ、「意外だけどいい組み合わせ!」と話題になっている。

 主人公・森若沙名子は、せっけんメーカー「天天コーポレーション」の経理部に勤めるアラサー独身女子。何事も“イーブン”をモットーに、各部署から回ってくる領収書や請求書をチェックするのが仕事だ。領収書に書かれているのは、金額や店名など最低限の項目のみ。しかし森若さんが精査すると、思わぬ疑惑や意外な人間関係が浮かび上がってくる――。

 原作者の青木は、2002年の集英社ノベル大賞受賞を機にデビューした小説家。これまでに『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズや『幸せ戦争』『嘘つき女さくらちゃんの告白』などを手がけてきた。『これは経費で落ちません!』の第1巻は2016年に発売され、現在5巻まで刊行中。「小難しい専門用語が少なくて読みやすかった」「クールだけど人間らしい森若さんが可愛い」「周りの人たちも個性豊かで魅力的」と人気を博している。

 ドラマでは多部が森若さんを演じ、重岡は奥手な彼女に思いを寄せる男子・山田太陽役で共演。ほかにも伊藤沙莉、平山浩行、吹越満といった俳優陣の出演が明かされた。多部はドラマ出演にあたって、「たくさんの楽しそうな共演者の方々に囲まれて、とてもコミカルでテンポの良いドラマが生まれそうな気がしています」とコメント。ファンからも「同じ経理部社員として見逃せない」「多部ちゃんと重岡くんなら絶対可愛いペアになりそう」「原作もめっちゃ面白いから楽しみ」と期待の声が数多く寄せられている。

 少女漫画誌『クッキー』では、森こさちによるコミカライズ版を連載中。2019年5月25日(土)発売の7月号では、森若さんと太陽が描かれたカラー扉絵が登場した。ドラマの放送は、7月26日(金)から。どんな作品になるか期待しよう。

■ドラマ「これは経費で落ちません!」
原作:青木祐子
脚本:渡辺千穂、藤平久子、蛭田直美
出演:多部未華子、重岡大毅、伊藤沙莉、桐山漣、松井愛莉、韓英恵、角田晃広、片瀬那奈、モロ師岡、平山浩行、吹越満 ほか