「あれもこれもドラマで見られるの!?」 ミステリー界が注目する「『このミステリーがすごい!』大賞」からドラマシリーズが誕生

エンタメ

2019/6/16

img01
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』(山本巧次/宝島社)

 宝島社が主催するミステリー小説の文学賞「『このミステリーがすごい!』大賞」から、新たなドラマシリーズが誕生。関連書籍5作がドラマ化されるとあって、「あれもこれもドラマで見られるの!?」「ちょっと嬉しさが追いつかない」と歓喜の声が相次いだ。

「『このミステリーがすごい!』大賞」は、ミステリー小説を中心としたランキングBOOK『このミステリーがすごい!』から生まれた文学賞。この賞を機にデビューした作家の中には、直木賞作家の東山彰良や大藪春彦賞を受賞した柚月裕子、『チーム・バチスタの栄光』シリーズの海堂尊などがいる。ドラマ化が決定しているのは、第17回までの関連作品4作と2019年10月発表予定の第18回『このミステリーがすごい!』大賞・U-NEXT・カンテレ賞受賞作。5作合わせて40本のエピソードが放送される予定だ。

 前半3作の主演も発表され、山本巧次の『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』に佐久間由衣、登美丘丈の『名もなき復讐者 ZEGEN』に阿部進之介、七尾与史の『死亡フラグが立ちました!』に小関裕太が出演。第4弾となる中山七里の『連続殺人鬼カエル男』のみ出演者が未公開だが、「佐久間さんならおゆうのイメージにぴったりかも」「小関くんが『死亡フラグ』を演じるなんて面白そう」「3人とも信頼できるしこれは『カエル男』も楽しみ」と期待の声が寄せられている。

 第18回『このミステリーがすごい!』大賞では、個性派俳優・佐藤二朗が特別審査員として参加することに。ドラマ5作目にもクリエイターとして携わり、シリーズ全作品に特別出演することも明かされた。佐藤はこの特別出演について、「“佐藤二朗を探せ”じゃないですけど、そんな楽しみ方をしていただければ」とコメント。どこにどんな役で出るのかは見てのお楽しみだ。

 シリーズ第1弾となる『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』は、「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」というタイトルで2019年7月4日(木)から放送スタート。先陣を切る佐久間がどんな演技を見せてくれるのか、見逃さないようにチェックしておこう。

■ドラマ「『このミステリーがすごい!』大賞ドラマシリーズ」

放送日:毎週木曜 深夜0:25~0:55
出演:佐久間由衣、阿部進之介、小関裕太、佐藤二朗 ほか
公式サイト:https://www.ktv.jp/konomys