星里もちる「どうぞ思う存分ドロドロにしてやって下さい(笑)」 恋愛サスペンス漫画『本気のしるし』が森崎ウィン主演でドラマ化決定!

エンタメ

2019/7/8

img01
『本気のしるし』1巻(星里もちる/小学館)

 星里もちるの恋愛サスペンス漫画『本気のしるし』が森崎ウィン主演でドラマ化決定。「あの独特な世界観が3次元になるの!?」「衝撃の結末がどう描かれるのか楽しみ」と期待の声が寄せられている。

 同作の主人公・辻一路は、中小企業に勤める普通の会社員。社内の人間関係も良好で女性から好意を寄せられることもあるが、自分自身は人を好きになることも好かれることも苦手という冷めた一面のある男だ。しかしコンビニで不思議な雰囲気の女性・浮世と出会ったことをきっかけに、辻の人生が少しずつ変化。彼女のせいで起きたトラブルに巻き込まれながらも、浮世を放っておけない女性として気に掛けるように――。

 作者の星里は、『りびんぐゲーム』『夢かもしんない』『ルナハイツ』などを手がけてきた漫画家。『本気のしるし』は『ビッグコミックスペリオール』で連載され、単行本全6巻で完結している。比較的明るい雰囲気の作品を多く手がけている星里だが、同作で描かれているのは男女の複雑な恋愛観や一筋縄ではいかない人間関係。ファンからは「星里さんの幅の広さに驚かされた」「星里作品の中でもオンリーワンかつナンバーワン」「読んでいるうちに恐ろしいほど魅力的な浮世の虜になってしまう」と絶賛の声が後を絶たない。

 ドラマでは辻を森崎が演じ、浮世はドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で注目を集めた土村芳が演じることに。ほかにも宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、北村有起哉といった俳優陣の出演が決定している。監督を務めるのは、映画「淵に立つ」で第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した深田晃司。深田は「原作の志と向き合いながら、清新な俳優たちと作り上げる『本気のしるし』を自分も早く見てみたいです」と撮影にかける意気込みを明かした。

 一方星里は、「脚本、監督、スタッフの皆様、どうぞ思う存分ドロドロにしてやって下さい(笑)」と期待のコメント。放送は2019年秋ごろの予定となっているので、続報もチェックしておこう。

■ドラマ「本気のしるし」
原作:星里もちる
監督:深田晃司
出演:森崎ウィン、土村芳、宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、北村有起哉 ほか
公式サイト:https://www.nagoyatv.com/honki/