終戦を迎えても“楽園”の戦いは終わらない。『ペリリュー』7巻の展開に「一刻も早く続きが読みたい!」の声

マンガ・アニメ

2019/8/4

『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』7巻(武田一義:著、平塚柾緒[太平洋戦争研究会]:原案協力/白泉社)

 ポップなタッチで“狂気の戦場”を描いた『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』(白泉社)の7巻が、2019年7月29日(月)に発売された。大きな転機を迎えた物語に、「繰り返し何度も読んだ。本当にみんなに知ってもらいたい作品」「最新刊が一番ドキドキしたかもしれない。一刻も早く続きが読みたい!」と絶賛の声が相次いでいる。

 同作は太平洋戦争における最も悲惨な戦闘とも言われる「ペリリュー島の戦い」を、漫画家・武田一義が独自の切り口で描き出していく作品。2016年から『ヤングアニマル』で連載が始まり、2017年には魔夜峰央の『パタリロ!』や五十嵐大介の『海獣の子供』も受賞した「日本漫画家協会賞」の優秀賞に選ばれた。

 現実の戦争を題材にしながら、登場人物たちを3頭身にデフォルメした親しみやすい絵柄を用いているのが同作の魅力。漫画家志望の主人公・田丸一等兵の目を通して、凄惨な戦場でありながらサンゴ礁の海に囲まれた“楽園”でもあるペリリュー島の日常が切り取られていく。

 最新巻では米軍の襲撃によって多くの仲間を失った田丸たちが、再び日常を取り戻すために立て直しを図る。そして8月15日、ついに日本が戦争を終える日がやってくることに。しかしペリリュー島で生き残った兵士たちは、来るはずのない反攻の日を待ちながら生き続ける―。

 怒涛の展開を見守る読者からは、「戦争が終わった今、これから田丸たちはどうなっていくのか…。まったく想像できない」「ついに玉音放送まで来たけど、田丸たちは無事に故郷へと帰れるんだろうか。みんな生き残ってほしいなあ…」「終わりに近づいている気配があるから、今後の展開がさらに気になります」と期待の声が続出しているようだ。

 最新巻の帯には『アリエスの乙女たち』で知られる少女漫画家の里中満智子がコメントを寄稿。「可愛い絵だから描ききれるリアルな戦場。数字で戦後処理された全ての人々への鎮魂歌だ」と言葉を尽くして同作を評価している。

 現実と地続きの世界としてリアルに描き出される“戦場の青春”に、ぜひとも触れてみてほしい。