これからの人生をしっかりと見据えるために… ブックパスで「お金に関する書籍」50%OFFキャンペーン実施中!

暮らし

2019/9/20

 生きていく上で避けては通れないのが“お金”の問題。そして消費税の増税を間近に控え、マイホームのローンや将来の年金についてなど、知っておかなければならないことは数多くある。そこで電子書籍ストア「ブックパス」では、人生設計・年金・不動産・投資など、お金に関する書籍が最大50%OFFになるキャンペーンを実施中。さらにマネー・経済の情報が豊富な『週刊東洋経済』は読み放題の対象となっている。以下でおすすめの3冊を紹介するので、この機会にぜひチェックしてみてほしい。

■『50歳からのおカネ―週刊東洋経済eビジネス新書 No.199』

 人間50歳といえば、会社勤めのゴールまで残り10年と少しである。しかし今の時代、よほど計画的に貯蓄していなければ退職後に直面するのは「お金が足りない」という現実だろう。同書は60歳からの約30年を考えるための一冊。「長く働く」「生活資金を見直す」「資金運用を組み込む」といった“人生のシナリオ”作りを分かりやすく教えてくれる。

■『副業のススメ―週刊東洋経済eビジネス新書 No.198』

「働き改革」により、正社員の副業を認める会社も増えてきた。2012年の統計によれば、国内で副業を持つ人の数は234万人。就業者に占める割合は3.64%にとどまっているものの、単なる“小遣い稼ぎ”からキャリア形成の手段として副業が見直されているのは間違いないだろう。同書は会社に人生を託す“単線型キャリア”からの脱出を図りたい人におススメしたい一冊。経済が不安定な今の時代だからこそ、副業を考えてみるのもいいかもしれない。

■『不動産投資の超基本』

「いつかは不動産収入で不労所得を得たい」と考える人は多いはず。しかし動く金額が大きい不動産には、なかなか手を出しづらいもの。同書はそんな不動産投資を23のプロ目線で解説。「マンションは、最上階より断然3階」「駅近2分物件しか、生き残れない!?」といった不動産の“リアル”を教えてくれる。不動産投資で失敗しないためのノウハウを、同書で学んでみてはいかが?

 今一度お金に対する考え方を変え、改めて将来設計を見直してみよう! もしかすると、自分に一番合ったお金との付き合い方が見つかるかもしれない。

◆ブックパス特設サイト「あなたは大丈夫?お金のことを考える」
https://bookpass.auone.jp/feature/detail/?fid=105830&aid=lbs_003_ddnavi_okane_20190920
※キャンペーンは9月26日(木)23時59分まで。予告なく終了する場合がございます。