「待ち遠しかった!」 アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」スタートに歓喜の声続出

マンガ・アニメ

2019/10/16

img01
『七つの大罪』38巻(鈴木央/講談社)

 2019年10月9日(水)に、アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第1話が放送された。アニメ放送の再開に視聴者からは、「待ち遠しかった!」「七つの大罪の活躍がまたアニメで見れるのは嬉しい」と歓喜の声が続出している。

 同作品は人と人ならざるものが共存する世界が舞台の物語。“七つの大罪”メンバーの活躍により、十戒の魔の手から守られたリオネス王国は徐々に復旧していく。しかし世界は依然として十戒の脅威にさらされていた。第1話では魔神族から人々を解放するため、“七つの大罪”メンバーが再集結に向けて動き出すところから始まる。

>>『七つの大罪』のTVアニメが見放題!漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 ある村では魔神族へ生贄を捧げるために、旅人を自分たちの身代わりに差し出していた。村の少年ペリオは「やめてよ父ちゃん! 魔神に媚びるために旅人を生贄に差し出すなんて!」と父を説得するが、家族を守るためだと取り合ってもらえない。

 1人で立ち向かうことを決意したペリオは、生贄を連れていこうとする魔神に無謀にも襲いかかる。返り討ちにされても諦めないペリオの勇姿に、村人たちも武器を手に魔神と対峙。しかし魔神の攻撃に、なすすべもなく村人たちは倒されいく。そんな村人たちの元に、“七つの大罪”の5人が現れた。

 劣勢になった魔神たちは「俺たち魔神族を敵に回すということは、十戒を敵に回すと同じことだ!」と叫んで一斉攻撃へ。メリオダスは「俺たちはその十戒を討つために集まった」と言い放つと、“全反撃(フルカウンター)”で返す。メリオダスの一撃により、魔神たちはあっけなく倒されるのだった。

 “七つの大罪”の活躍にネット上では、「メリオダスのフルカウンターがかっこよすぎる!」「1話からワクワクが止まらない展開だな」「七つの大罪が登場した瞬間に、“キター”ってテンション上がった」「早く全員が揃ったところをみたいよ」といった声が溢れた。

 “七つの大罪”はまだメリオダスとバン、ゴウセル、マーリン、エスカノールのみ。メンバーが揃うのはいつになるのか、今後も注目していきたい。

■アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」
放送日時:毎週水曜17:55~
原作:鈴木央
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲 ほか
公式サイト:https://www.7-taizai.net/