諸葛孔明にひざ枕? 猫耳の劉備!? 三国志の恋愛ゲームが人気

エンタメ

2012/7/29

 三国志をモチーフにした恋愛乙女ゲーム『三国恋戦記 オトメの兵法!』(Daisy2)や『十三支演義 偃月三国伝』(アイディアファクトリー)が人気だ。

 プレイしているのは、意外にも三国志に詳しくない人が多い。大まかな設定や登場人物を知っている程度で、その登場人物が好き、キャラクターと豪華声優陣に惹かれたという人が多いようだ。

 『三国恋戦記 オトメの兵法!』では不思議な本によってタイムスリップしてしまった現代の女子高生・山田花が、孔明の弟子として玄徳軍に迎え入れられる。ともに戦ううちに、互いに大切な存在となり……という展開。これは主人公も三国志に詳しくない設定なので、三国志を知らなくても十分楽しめる。

 『十三支演義 偃月三国伝』は山奥で暮らしていた猫族が戦に巻き込まれていく話だ。主人公は猫族の長・関羽という少女としてプレイしていくのだが、同じ猫族である劉備や張飛の猫耳姿も楽しめる。

 ゲームの中では玄徳が頭なでなでしてくれたり孔明に膝枕してあげたり、猫耳の劉備が嫉妬したりぎゅーっと抱きついてきたりもするので、そのシチュエーションやかわいらしさに萌えるのだ。

 そんな人気の2作品はコミカライズもされており、ゲームとはまた違った形で楽しむことができる。

 単行本の1巻も発売されており、『COMIC avarus(アヴァルス)』(マッグガーデン)で連載中の『三国恋戦記 オトメの兵法!』(Daisy2:原作 あず真矢:画)はゲームに忠実に作られているので、プレイした人は主人公の心情など描かれなかった部分を楽しむことができる。また物語が丁寧に描かれているので、ゲームを知らない人にもおすすめだ。

 『ARIA』(講談社)で連載中の『十三支演義 偃月三国伝』(アイディアファクトリー/RED:原作・監修 紗与イチ:画)はスペシャル企画として6月28日発売の8月号から6カ月間、アニメイトで『ARIA』を購入した方にイラストカードがもれなく付いてくるキャンペーンを実施中。今からでもまだ間に合うので、コンプリートを目指してみては?

 7月30日にはゲームの公式ブック第1弾『十三支演義 ~偃月三国伝~ 公式マスターブック』(エンターブレイン)も発売されるので、そちらも必見! いろんな三国志の世界をのぞいてみよう。