【最新話レポ】「これぞミステリドラマの醍醐味」櫻井翔たちが用意した“大がかりな仕掛け”に視聴者大盛り上がり!/ドラマ『ネメシス』第6話

エンタメ

公開日:2021/5/23

ネメシス
『ネメシス』5巻(著:藤石波矢/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年5月16日(日)に放送されたドラマ『ネメシス』第6話。「探偵事務所ネメシス」チームが大胆な方法で犯人にひと泡吹かせ、視聴者から「これぞミステリドラマの醍醐味!」と大きな反響が巻き起こった。

advertisement

 今回のエピソードで探偵事務所に依頼を持ちこんできたのは、暴露系動画配信で人気の多治見一善(柿澤勇人)。若手人気女優・久遠光莉(優希美青)が行方不明になっていて、多治見と光莉に恨みを持つジャーナリスト・神田凪沙(真木よう子)に拉致されたのではないかという。

 ここで種を明かすと、光莉を拉致したのは依頼者の多治見本人。光莉殺害を目論む彼は工場に時限トリックを仕込み、アリバイ工作のために探偵事務所の面々を利用しようとしたのだ。そんな多治見の企てを、事務所の天才助手・美神アンナ(広瀬すず)は序盤から察知。光莉を救出した上で彼女の死を偽装し、多治見の拘束にも成功する。

 工場内で目を覚ました多治見の前に、探偵・風真尚希(櫻井翔)やアンナたちが登場。多治見は誰も自分の犯行だとは信じないだろうと開き直るものの、実は多治見の知らない大きな落とし穴が…。なんと工場内と思われていた場所は撮影スタジオに再現された精巧なセットであり、多治見の自白は外側にいる警察やスタッフたちに筒抜けだったのだ。

 自白を導き出すための意表を突いた仕掛けに、ネット上の視聴者は「見てるコッチまで騙された!」「手の込んだ解決編で爽快感がすごい」と大興奮。今後起こりえる事件がどのように解き明かされるのか、さらに注目を集めそうだ。

ドラマ『ネメシス』
放送日:毎週日曜 22:30~
出演:広瀬すず、櫻井翔、勝地涼、中村蒼、江口洋介 ほか
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/nemesis/

この記事で紹介した書籍ほか

ネメシス5 (講談社タイガ)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784065234846