『Another』綾辻行人処女作 「視覚」で騙される驚愕のトリックがここに!

小説・エッセイ

2013/9/3

トクトクという音がカラダ中に響くのを感じながら、作品を読み終えました。読後の今、作品を振り返って強く言えることは、序盤から読み手に謎解きと「予感」をさせ、真実へと導く過程に、一切の無駄を感じないという... 続きを読む