かつて中2だったすべての人に。あの頃が甦る痛みの物語

小説・エッセイ

2013/9/7

自我と自意識に雁字搦めになっている思春期まっただ中の中学2年生。まるでそんな年頃のような言動を、いい年してやってしまうようなことがと言われるようになったのはいつ頃だったか。けれど大人になってからやるから痛々しいのであって、まごうかたなき中2なら、それは普通のこと。けれどそれが普通だったことを、私たちは忘れている。いや... 続きを読む