ヒトラーが現代に現れたら、そんな「もし」を描きながら文明を考える

小説・エッセイ

2014/4/16

 油断をしていると、くさぐさのものが帰ってきてしまうこの世界はくすぐったい。  「帰ってきたウルトラマン」。帰ってくるぐらいならなぜ行ったのか。むしろ「帰ってこないウルトラマン」の方が深夜4時に新宿の裏角でラーメンをかっ込むウルトラマンを想像させて愛しい。ウルトラマンの口は開くことがあるのだろうか。  「帰ってきた用... 続きを読む