SNS上でのセックスに命をかける高校生たちを描いた『S〔エス〕』。2巻で、その危険性が少しずつ浮き彫りに……!

アニメ・マンガ

2017/9/16

『S〔エス〕―君と、彼女と、運命と』(南部ゼロイチ/TOブックス)

 バーチャルリアリティの発達に伴い、人間の生活はどのように変わってしまうのか。その変化を「恋愛」にしぼり描いているのが、連載型新作マンガ配信サービス「GANMA!」にて連載中の『S〔エス〕―君と、彼女と、運命と』(南部ゼロイチ/TOブックス)だ。

 本作の舞台は、2045年の日本。人々はこめかみに埋め込むインプラント型情報端末「epo-C」を活用し、「Sシステム」と呼ばれる仮想空間上でのコミュニケーションを楽しむようになっている。そんな世界に生きる高校生たちがもっぱら熱をあげているのは、「SX」という、バーチャルリアリティ上でのセックス。現実世界でのセックスを体験する前に、誰もがバーチャルでそれを済ませようとしているのだ。

 本作の主人公・宙生駆(そらお・かける)も同様。駆は、付き合って2年になる彼女・紬汐里(つむぎ・しおり)とSXをするために、日夜頭を悩ませているである。この辺りは現代の高校生も一緒かもしれない。彼女に触れたい、でも触れられない。悶々とした想いを抱えているのだ。

 第1巻ではそんな駆の空回りを中心に描かれていたが、発売されたばかりの第2巻では、いよいよ物語が大きく動き出す。

 そもそも、人体に情報端末を埋め込むにあたっては、かなりの危険を伴うはずだ。そのひとつが、ウイルス。パソコンやスマホがウイルスに感染してしまうと大変なことになってしまうのは言わずもがな。では、「epo-C」が感染してしまったらどうなるのか。そう、第2巻では、謎のウイルスに感染してしまった駆の姿が描かれているのだ。

 とはいえ、どうやら被害はそこまで大きくなさそう。しかし、時折視界がバグってしまったり、心当たりのないメールを送信していたりと、少しずつ雲行きが怪しくなっていく。そして、第2巻のラストで駆の前に姿を現すのが、騒動の発端となったウイルス・NOIR(ノワール)。このNOIRは、駆の「Sシステム」を外部から支配できるという。しかも、なにやらNOIRには狙いがあるようで……。

 第1巻では「Sシステム」の便利さや楽しさに重点が置かれていたが、ここにきてその恐ろしさや厄介さが徐々に描かれはじめた本作。ウイルスに乗っ取られてしまった人間は、その人生までも操られてしまうのか。駆の恋と運命がどのように転がっていくのか、ますます目が離せないだろう。

 ちなみに本作は、現在投票受け付け中の「100万人が選ぶ本当に面白いWEBコミックはこれだ!」の対象作品。ランキングの上位入賞作品は、今後大きなプロモーションがかけられていく予定とのこと。もしかすると、メディアミックス展開なんかも期待できるかもしれない……!

文=五十嵐 大