徹底的に損なわれてしまった少女を癒やす奇蹟の物語

小説・エッセイ

2012/3/7

なんというか、感動のヒューマンドラマだ。僕みたいなスレッカラシにはちょっと恥ずかしいが、人間て素晴らしいなあと熱く心を打たれる人は健やかに人生を生きているあかしと思ってよい。 さざ波のジャブを繰り返し読者に浴びせて、ラストで大波でもみくちゃにするという手つきもはまったらしばらくの間胸のうずきはとまるまい。 主人公は、... 続きを読む