食事の前に食べるだけ! 話題の「きゅうりダイエット」はなぜやせる?

健康・美容

2018/6/8

『きゅうり食べるだけダイエット』(KADOKAWA)

『きゅうり食べるだけダイエット』(野崎洋光/KADOKAWA)を参考にしながらきゅうりダイエットの素晴らしさをお伝えするこの記事。第2回目となる今回は、「きゅうり」という食材の注目すべき成分とダイエット効果についてお伝えいたします。

 きゅうりは「世界一栄養価のない野菜としてギネス認定されている」──。皆さんもそんな噂を聞いたことがあるでしょう。しかしギネスワールドレコーズジャパンの発表によれば、ここには少し誤解があったようです。
 同社ホームページによると、たしかにギネスブックには、栄養素や大きさ、重さなどいくつかの項目できゅうりの世界一記録が登録されています。ただ、栄養素に関しては「Least calorific fruit」(世界一の低カロリーフルーツ)として登録されているのみだそうです。
 つまり、ダイエット食材としてマストの「低カロリー」であることがギネス認定されている、というのが噂の真相なのです。


 加えて近年、きゅうりのステータスを一躍飛躍させたのが、“やせる成分”「ホスホリパーゼ」という脂肪分解酵素が、きゅうりから発見されたことでした。現在も研究が進められているホスホリパーゼ。なんときゅうりに含まれるホスホリパーゼは、他の野菜やフルーツに含まれるものより脂肪分解力が強いことがわかっているのです。
 その効果は主に、以下の二つ。

<ホスホリパーゼに期待できる効果>
・脂肪の燃焼と代謝を高めてくれる効果
・体内の老廃物や毒素の排出効果

 このホスホリパーゼを有効活用するため、きゅうりダイエットは次の要領で行います。

<きゅうりダイエットの方法とポイント>
・方法
食前や空腹時に、きゅうりを1~2本食べる

・ポイント
1)きゅうりは過熱せずに、生のままで食べること。
2)一口入れたら、最低20回ほどモグモグし、よく噛んで食べる。
3)味付けもカロリーを考えて行うこと。マヨネーズよりは味噌などで。


 食前にきゅうりをよく噛んで食べることで、ホスホリパーゼが体内に分泌され、食事で摂取する脂肪分に働きかけてもらうようにする。これが、きゅうりダイエットを成功させるコツです。

 ちなみにきゅうりがダイエットや美容にも効果的な理由は、他にもいくつかの要素があるのでご紹介します。

・ダイエット効果1 低カロリー
1本で約14キロカロリーと安心の低カロリー食材です。

・ダイエット効果2 食物繊維
食物繊維が腸内環境を整え便秘の防止、血中コレステロール値の抑制などを行います。

・ダイエット効果3 空腹感の抑制
植物繊維は満腹感にもつながるため、食事量を低減させることが可能です。

・美容効果 肌荒れ防止
微量ながらも含まれるビタミンCやβカロテンが肌荒れを防止します。

 他にも簡単レシピからちょっと手の凝ったアレンジレシピまで、きゅうり料理が満載の本書。きゅうりダイエットの発見者にして、日本料理の名店「分とく山」(わけとくやま)総料理長、野崎洋光さんが実践した、きゅうりレシピを次回ご紹介します。お楽しみに!

文=松本ひろこ