Twitterで人気爆発中!「ゲイ風俗」での実体験を描くマンガ家・もちぎさんの“名言”に心打たれる

マンガ・アニメ

2019/8/17

『ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。』(もちぎ/KADOKAWWA)

 いま、SNSでバズるマンガを量産するマンガ家のひとり、もちぎさん。「ゲイ風俗」に勤務していたという実体験を綴った内容が大きな反響を得て、投稿するツイートにはしばしば万単位で“いいね”が付けられている。2018年1月に開設されたアカウントは、いまや約45万ものフォロワーを抱える人気ぶり。pixivコミックでの連載は、月刊総合ランキング1位を獲得した。

 そんな人気マンガ家・もちぎさんが、このたび、初の書籍を出版。それが『ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。』(KADOKAWWA)だ。

 前述した通り、本作に描かれているのは、もちぎさんがゲイ風俗で体験したエピソードばかり。男性が男性に対し、性を売る。この字面を見て、知らない世界のセンセーショナルな内容を期待する読者も少なくないだろう。

 もちろん、そういう読み方もできる。実際、「第3話 あたい、ゲイ風俗初出勤」では、仕事内容やシステムがわかりやすく説明されている。

 ゲイ風俗で働くのは、どんな子たちなんだろう? 彼らが働く理由は? そこを訪れるお客さんは? 本作を読んでいると、こういった疑問が少しずつ解消されていく。なかには「怖いもの見たさ」「面白半分」で本作に触れている人もいるかもしれない。本作は、そんなゴシップ的な欲求も満たしてくれる作品だ。

 ただし、それ以上に、本作が幅広い支持を集めている理由がある。それは、もちぎさんの“言葉”が、多くの人々の胸を打つ重さを持っているから。

 たとえば、学歴もなく、流されるままゲイ風俗で働くことになったボーイ(従業員)とのエピソード。「やりたいことがない」と将来を悲観する彼に対し、もちぎさんはこう諭す。

“やりたいことがある人 したいことがある人なんてそんなにいないと思うわよ”
“しないといけなかったことを積み重ねて 今や今後に繋がってる人がほとんどだと思うわ”

 これは、ゲイ風俗で働く彼らにしか響かない言葉ではない。懸命に現代を生きる、すべての人の胸を打つ言葉だ。本作にはこのような“名言”が随所に登場する。そしてそれは、年齢やセクシュアリティ、立場、生まれといった、ぼくらを形成するウロコのようなものを一枚ずつ剥がしてくれ、“ひとりの人間”としてどうあるべきかを教えてくれる。

 それにしても、まるで「悟り」を開いているかのようにも見えるもちぎさん。なぜこのような人生観を形成することができたのか。本作には、そんなもちぎさんの出自にまつわるエピソードも掲載されている。ここでは詳細を伏せておくが、その壮絶な過去に触れたとき、きっと涙してしまうだろう。

 ……と、このレビューを読んで、若干の「お説教臭さ」を感じてしまった人がいたとしたら、それは心配ないと言っておきたい。なにせ、絵柄がとてもキュートだからだ。

 主人公であるもちぎさんは、お餅(?)のようなキャラクターとして描かれている。控えめに言って、ちょっとマヌケ。でも、たとえ堅苦しい説法だとしても、こんなに愛らしいキャラクターが語りかけてくると不思議とすんなり受け入れられてしまう。これもまた、もちぎさんの計算なのかもしれないが……!

 壮絶な過去を乗り越え、自らの体験をもとにしたマンガを描くもちぎさん。作品を通してそのやさしさに触れたとき、きっと誰もが癒やされ、気付きを得るはずだ。

文=五十嵐 大