豪華声優陣が辺境でスローライフ!? 2019年新作ライトノベル総選挙第1位シリーズのドラマCD収録インタビューを公開!

ライトノベル

2019/9/15

 ライトノベルの次のヒット作はこれだ! 
 電子書籍サイトBOOK☆WALKER主催の「新作ラノベ総選挙2019」の文庫部門で、堂々の第1位に輝いた作品が『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』(角川スニーカー文庫刊)だ。

 最前線での戦いについていけなくなった英雄・レッドは、「君は真の仲間ではない──」と仲間の賢者から戦力外を言い渡され勇者のパーティーを追い出されてしまう。ところがレッドは心機一転、元英雄であることを隠しながら下町で薬屋を営むことに。そこにかつての仲間だったお姫様・リットがおしかけてきて、幸せいっぱいの同居生活が始まる。アウトドアに水遊びに美味しい食事、サウナや温泉でひと休み……。人類存亡の戦いを離脱した英雄の「のんびり幸せな第二の人生」に、ほっこり癒される読者が続出のライトノベル作品だ

そんな大ヒットを飛ばしている『真の仲間』シリーズだが、9月1日に小説5巻とともに、ドラマCD付き特装版も発売。声優キャストには、主人公のレッド役に梅原裕一郎さん、ヒロインのリット役に花守ゆみりさん、レッドの妹ルーティ役に竹達彩奈さん、かつての冒険仲間である女騎士役に大西沙織さんらを迎えた。
「今日の夕食は皆一緒に外で星を見ながら食べるか──」。豪華声優陣が、異世界でのスローライフを熱演。甘々のシチュエーションボイスや目覚ましボイスも収録している。
サンプル版のラジオドラマが配信中なので、気になったらぜひ試聴してみて欲しい。

 さて、収録の様子や作品への思いについて、キャストの梅原さん、花守さん、竹達さんにお答えいただいたので一部ご紹介しよう。

――収録のときに気をつけた部分や、ここは聞いてほしいというところはありますか?

梅原裕一郎さん(レッド役):演じさせていただいたレッドは、飄々としていて悟った雰囲気がありますが、過去には軍人として生きていて、そのときのギャップがでるように意識しました。

花守ゆみりさん(リット役):リットの良妻感はありつつも、やはりどこか少女らしさを持ち合わせて守りたくなってしまう魅力を感じていただけるよう意識して演じさせて頂きました。

竹達彩奈さん(ルーティ役):ルーティはレッドの前だと感情が出やすくなるのですが、他人に対してはクール。そのギャップを楽しんでもらえるキャラクターなのかなと思います。俺つええええ、ならぬ私つええええな姿も聴いてもらえるかと思います。

――まだこのシリーズに触れたことがない方に、本作の魅力を1つ、ぜひお聞かせください。

梅原裕一郎さん(レッド役):『真の仲間』シリーズは現在コミックと原作小説が展開中です。レッドの周りには魅力的なキャラクターたちが登場しますし、彼自身も嫌味なく恰好いい人物です。また現代社会に疲れた方々が多い世の中ですので、物語を通してスローライフを感じていただければ癒されると思います。

花守ゆみりさん(リット役):こんな素敵なパートナーがいたら、どんな生活も楽しいです!!

竹達彩奈さん(ルーティ役):基本みんな強いんです。レベルでいうと99くらいの。なのになぜかスローライフしてるっていうギャップが面白いのかなと思います。普段のんびりしてる分、何か事件に巻き込まれるとみんなキリッとしながら戦ったり。

――今日から『理想のスローライフ』ができるとしたら、どんな生活をしてみたいですか?

梅原裕一郎さん(レッド役):スローライフといっても働かなくてはいけないので、労働からも解放されたスローライフを送りたいです。理想としては、ニートかヒモです。

花守ゆみりさん(リット役):自分の畑を持って、その野菜で季節の料理を作って食べて、ぐっすり寝て働く長閑な生活を…。

竹達彩奈さん(ルーティ役):自分で野菜を作ってみたり(ベランダでできる簡単なものですが笑)いろんな土地に行って自然や文化に触れるのも憧れます。のんびりするの大好きなので、ワクワクしますね~。

 疲れきった……というあなたに、小説『真の仲間』シリーズをおすすめしよう。のんびり幸せライフに、めいっぱい癒されること間違いなし!

インタビュー記事全文はこちらから読むことが可能だ。