『サザエさん』サザエと波平が自動車教習所へ「東京中の交通が大混乱する」

エンタメ

2020/2/16

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

 2月9日に放送されたアニメ『サザエさん』では、波平が車の免許を取得しようとしている疑惑が浮上し、磯野家も視聴者もプチパニック状態になっていた。

 話題のエピソードは、作品No.8060「ママは後席マーク」。車の免許を取得しようとドライビングスクール通いを検討するサザエ。しかし、家族から「向いてない」「姉さんみたいなそそっかしい人が運転したら東京中の交通が大混乱するよ」と大反対を受ける。カツオ曰く「我が家には運転に向いてない人が2人いる」そうで、サザエの他に波平の名をあげる。

 その理由は、「あんなに気が短くて、怒りっぽい人が運転したら日本中の交通がまひしちゃう」と辛辣なもの。そんな心配をよそに、波平本人はというと「わしは車というものは後ろの席に乗るものだと思っておる」とどこ吹く風…。ともあれ、波平が免許取得を考えていないことがわかり、家族は一安心した。

 後日、どうしても諦めきれないサザエはドライビングスクールに見学へ。するとそこには、なにやら楽しそうに談笑する波平の姿が! 「まさか父さんも…」「家族に内緒で免許を取るつもりなのね」と訝しむサザエは、波平の甥であるノリスケに波平を止めるようお願いすることに。しかし、ノリスケは「おじさんに免許なんか取れるわけない。教習所に1年通っても無理でしょう。絶対取れません。もし取れたら僕が逆立ちして町内1周します」と小馬鹿にし、結局放っておく方針になってしまう。

 そんな折、“疑惑”が“確信”に変わる出来事が。ある夜、ひどく酔っ払って帰宅した波平は突然「右よーし! 左よーし!」と指さし確認をやりはじめ、ドライビングスクールの“教官”と飲んできたとぬけぬけと告白する。波平のドライビングスクール通いが確定したことに家族は絶句し、プチパニックに陥る。

 視聴者からも「波平はもう返納の時期でしょ」「波平煽り運転で逮捕されそう」「波平なら煽り運転、逆走、アクセルとブレーキの踏み間違え待ったなし」「こいつは飲酒運転をやらかしてアルコールとアクセルを間違えたと喚くに決まっている」などツッコミの声が続出。

 しかし後日、磯野家の門の前に一台の車が。運転席から波平の上司が降りてきた。実は、ドライビングスクールに通っていたのは波平ではなく、この上司。波平は、上司のペーパードライバー教習に付き添っていたのだった。これを聞いた磯野家は、壮大なミスリードに拍子抜けしつつ、「やっぱりお父さんは後ろの席が似合う」とホッと胸をなでおろすのだった。

 上司の教習に付き合った波平は、後ろの席だけではなく“出世コース”にも乗ってしまったかもしれない!?