夏の終わり、水木しげるで一服の涼を。貸本時代の傑作選が電子書籍で復活!

コミック

2011/9/5

「ああ、今年も夏が終わった…。」 もう宿題に追われる小学生でもないのに、9月の始まりは何とはなしにそんな感傷にふける大人は多いのでは? そんなときこそ、、水木しげるで一服の涼をどうぞ。 ゾーッとする怪談話は真夏ならではですが、どこかおかしみ漂う水木作品は晩夏がよく似合うのです。 表題作「墓をほる男」が貸本として発表さ... 続きを読む