陽のハリポタと対をなす、陰のファンタジー児童文学超大作

小説・エッセイ

2012/9/18

やはり『ハリー・ポッター』と比べてしまうのは、凡人の性といいますか。ファンタジー児童文学作品といえば『ハリポタ』があまりにも有名ですが、書店でもよく見かける、こちらも人気の『ダレン・シャン』。ハリポタと違って「ダークだ」「不気味だ」などと評されますが、遅まきながら電子書籍で初読しました。 読んでみて面食らったのは、私... 続きを読む