人に共通して平等に与えられたのは『伝える術』

小説・エッセイ

2012/10/25

ドラマ化・映画化・書籍化を繰り返し、今もなお多くの人の心で命を燃やし続けている木藤亜也さん。 私が「脊髄小脳変性症(セキズイショウノウヘンセイショウ)」という病を知るキッカケとなったのは、亜也さんが魂を込めて残し続けた言葉たちに感銘を受けた、小学6年生の頃でした。 亜也さんは、この病気の進行と共に歩くことが困難となり... 続きを読む