細切りしょうがで風味豊かな「豚のしょうが焼き」に/『家庭料理 100のきほん』②

食・料理

2020/4/1

知らなかった! いつもの料理を特別な味にする、昔ながらの知恵とコツがずらり。和洋中100の料理が、これで間違いなく作れます。初心者からベテランまで、必ず頼りになる一冊です。

『家庭料理 100のきほん』(おいしい健康:編/マガジンハウス)


しょうがはせん切りにして、肉の上にのせて焼くとしっかりと香りがつきます。

豚のしょうが焼き


 すりおろしたしょうがのたれで焼くことが多いしょうが焼きですが、細切りしょうがをのせて焼いてみてください。いつもより風味豊かにいただけます。

[材料 2人分]

豚ロース肉(しょうが焼き用) 200g
薄力粉 小さじ2/3
しょうが 2.5片
塩 小さじ1/6(1g)
サラダ油 大さじ1/2
A:塩 小さじ1/6(1g)、白こしょう(黒でも可) 少々、酒 大さじ1
B:酒 大さじ1(15㎖)、砂糖 小さじ1、しょうゆ 大さじ1、水 大さじ1

キャベツ(せん切り) 3.5枚
貝割れ菜 1/3パック

 作り方:豚ロース肉は焼いたときに縮まないように、脂身と赤身の境目に数カ所、垂直に切り込みを入れます。赤身の部分も包丁の先で軽く刺しておきます。バットなどに豚肉を並べ、Aを豚肉全体にかけて表裏を返して全体につけ、茶こしで薄力粉を上から薄くまぶします。しょうがは太めの細切りにして塩をまぶしておきます。フライパンにサラダ油を入れて火をつけ、豚肉を重ならないように並べて両面を中火で焼きます。いったん火を止め、汁気を軽く絞ったしょうがを豚肉にのせるように入れ、混ぜ合わせておいたBも回し入れます。しょうがは豚肉に香りをつけるために、調味料より先に入れます調味料は火を止めてから入れると焦げつきを防ぐことができます。再び火をつけて中火にし、両面を焼きます。焦げないようにフライパンをゆすりながら全体に火を通します。キャベツと、根の部分を切った貝割れ菜とともに器に盛りつけます。

[応用]
•鶏肉のしょうが焼き…鶏もも肉を食べやすく切り、同じように下味をつけ、粉をまぶして焼きます。しょうがをのせてから、調味料を加えます。

レシピ:吉田勝彦 エネルギー:346kcal/食塩相当量:2.4g

<第3回に続く>

この記事で紹介した書籍ほか