卵は炒めず湯煎で! 家族も大絶賛のふわとろ「スクランブルエッグ」/『家庭料理 100のきほん』⑥

食・料理

2020/4/5

家庭料理 100のきほん

編集:
出版社:
マガジンハウス
発売日:

知らなかった! いつもの料理を特別な味にする、昔ながらの知恵とコツがずらり。和洋中100の料理が、これで間違いなく作れます。初心者からベテランまで、必ず頼りになる一冊です。

『家庭料理 100のきほん』(おいしい健康:編/マガジンハウス)


卵は炒めるのではなく、湯煎で作ればプロ並みの仕上がりに。

スクランブルエッグ


 卵を炒めずに、湯煎にかけて作ると、スクランブルエッグはふわとろの食感になります。湯煎なので、焦げたりする心配もなく、誰でも簡単においしく作れます。お店で出てくるような、リッチな食感と味わいの本格的な卵料理です。バターはぜひ仕上げに加えてください。濃厚なコクと香りが卵に残ります。

[材料 2人分]

卵 2個
無塩バター 20g
塩 小さじ1/6強(0.8g)
粗びき黒こしょう 少々

パン・ド・カンパーニュ お好みで
ベビーリーフ お好みで
ミニトマト お好みで

 作り方:ステンレスボウルに卵を割り入れ、泡立て器で混ぜます。器も用意しておきます。鍋で湯を沸かし、沸騰したら弱火にして、卵の入ったボウルごと湯煎にかけ、泡立て器で混ぜながら加熱します。ボウルが熱くなるので、布巾や鍋つかみなどでボウルを持ちます。卵が半熟になってきたら火からおろし、バターと塩を加えて大きめのスプーンで軽く混ぜます。ボウルも熱くなっているので、ゆっくりしていると火が入りすぎて固くなるため手早くします。バターが卵に馴染んだらすぐに盛り付けをします。器にスクランブルエッグを盛り、こしょうを振って出来上がりです。好みでパン・ド・カンパーニュ、ベビーリーフ、ミニトマトを飾ればおしゃれな一皿に。

[応用]
•具入りスクランブルエッグ…みじん切りのハムやクリームチーズを加えて、同じように湯煎で作ります。塩は少なめにしましょう。

レシピ:ワタナベマキ エネルギー:152kcal/食塩相当量:0.6g

続きは本書でお楽しみください。

この記事で紹介した書籍ほか

家庭料理 100のきほん

編集:
出版社:
マガジンハウス
発売日:
ISBN:
9784838730803