きっかけはクレーマー対策!? ポテトチップス誕生の意外な経緯/毎日雑学

暮らし

公開日:2020/9/28

きっかけはクレーマー対策!? ポテトチップス誕生の意外な経緯/毎日雑学

 身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

 この雑学では、ポテトチップスの歴史、誕生のきっかけ、ポテトチップスにまつわる雑学を解説します。

雑学クイズ問題

【ポテトチップスが誕生したきっかけはどれ?】

 A.他店舗との差別化

 B.一つの芋から満足感を得るため

 C.シェフの嫌がらせ

 D.味をごまかすため

 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね。

ポテトチップスの歴史、誕生の意外なきっかけとは?

 今では誰もが1度は口にしたことがあるお菓子といえば、ポテトチップスですよね。漫画やテレビを見ながら食べたり、友達同士でおしゃべりしながら食べたり…色々なシーンで人気です。立食形式で食事をする時に、お酒のおつまみとして置かれている場合もありますよね。炭酸飲料との相性もいいので、夜中なのに急に食べたくなってついつい太ってしまうことも…。

 筆者が調べてみたところ、カルビーのポテトチップスだけでも320種類以上の味があるそうです。そうやって多くの人に愛されているポテトチップスですが、歴史を遡ると、誕生には意外なきっかけが存在したのです。

 誕生秘話についてはよく知られているエピソードでもありますので、後半ではそれ以外の“雑学”も紹介していきましょう。

【ポテトチップスはシェフの嫌がらせで誕生した!?】

 まずは、ポテトチップスの誕生秘話についてです。ポテトチップスは1853年にアメリカのムーンレイクロッジというレストランで誕生したそうです。もともとメニューには存在していませんでしたが、シェフのジョージ・クラム氏によって考案されました。

 きっかけはお客さんのわがままだったそうです。あるお客さんは「フライドポテトが厚すぎる」と何度もクラム氏にクレームをつけたそうです。

きっかけはクレーマー対策!? ポテトチップス誕生の意外な経緯/毎日雑学

 あまりに作り直しをさせられたため頭に来たクラム氏は、嫌がらせにポテトをこれでもかと薄切りにして揚げました。それをお客さんに食べさせたところ、これが意外と好評で、正式なメニューとして追加されることとなりました。当時はお菓子ではなく、料理の添え物として提供されていたそうです。こうしてポテトチップスが誕生したわけですが、嫌がらせで誕生してしまったのはちょっと意外ですね…。

【日本のポテトチップスの歴史】

 ポテトチップスといえばカルビーを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、日本で最初でポテトチップスを発売したのはカルビーではありません。日本で初めてポテトチップスが発売されたのは終戦後で1945年ごろといわれています。アメリカで初登場してから約100年近くあとのことです当時はハワイのメーカーである「フラ印」のポテトチップスが発売され、一般市民はなかなか手を出しづらい高級品だったそうです。

 そして、日本でポテトチップスの販売に初めて着手した企業は「コイケヤ」でした。1962年に初めて販売された味は意外にも「のり塩味」だったそうです。その後、1975年に現在ではお馴染みのカルビーが、ポテトチップスのうすしお味の販売を始めました。

【その他のポテトチップス雑学】

 ポテトチップスの歴史はだいたいわかりました。最後にポテトチップスに関する雑学をもう一つ。

 ポテトチップスって袋が膨らんでいて、意外に中身がスカスカだと思ったことはありませんか?この空気の正体は「窒素ガス」で、意図的に注入して袋を膨らませているのです。

 ポテトチップスの袋を開けて放置すると、食感が悪くなったり、味が変わってしまったことはありませんか?これは「酸化」によってポテトチップスの状態が悪くなり、味が劣化しているためです。袋に余計な空気が入らないように窒素ガスを注入することにより酸化を防ぎ、ポテトチップスの味や匂いを守って、美味しさを保っているのです。

 また、袋を膨らませる事によって外的衝撃から袋を守ることができるため、ポテトチップスが砕けてしまうのを防いでいます。袋が膨らんでいて中身が少ないと思ったとしても、それはポテトチップスを美味しく提供するための工夫なので、ガッカリしないでくださいね。

 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

 雑学クイズ問題の答えは「C.シェフの嫌がらせ」でした!

 

まとめ

 ポテトチップスは1853年にアメリカのレストランで、客のクレームに嫌気がさしたシェフが、嫌がらせとして提供した事がキッカケで誕生した。

 当時のポテトチップスはお菓子ではなく、料理の添え物として提供されていた。

 ポテトチップスが初めて日本で食べられたのは終戦後で、ハワイのメーカーである「フラ印」から提供されていた。

 日本で最初にポテトチップスの販売に着手した企業は「コイケヤ」で、初めて発売された味は「のり塩」だった。

 ポテトチップスの袋が膨らんでいる理由は、窒素ガスを注入して美味しさを保つためであり、また、衝撃から袋を守るためでもある。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。

雑学.com

※この記事は雑学.comから提供を受け作成しています。