「冷やっこ」の「やっこ」って、そういえばなに?/雑学うんちく図鑑

文芸・カルチャー

公開日:2021/2/18

「冷やっこ」の「やっこ」って、そういえばなに?/雑学うんちく図鑑

 知らなくても困らないけれど、知れば知るほど楽しくなる雑学・うんちく。すぐ誰かに話したくなるさまざまな豆知識を、『雑学うんちく図鑑』(ケン・サイトー/KADOKAWA)から紹介します!

advertisement

「冷やっこ」の「やっこ」って、そういえばなに?/雑学うんちく図鑑

【ハミダシうんちく】
「奴」はもともと「家っ子」と書き、武家に働く者の中でも低い身分の武家奉公人を蔑(さげす)むときの呼び名。武士が出かけるときの荷物持ちなど、雑務をこなしていたといわれます。凧(たこ)の一種「奴凧」は、身分の低い「奴」が高く上がって大名屋敷などを見下ろすことになるという、庶民のささやかな仕返しが発端になったという話もあります。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。

ケン・サイトー

あわせて読みたい

【著者】ケン・サイトー/イラストレーター。宮城県仙台市生まれ。神奈川県川崎市在住。大学卒業後、ゲームデザインの仕事を経て、2006年よりイラストレーターとして独立。現在は、おもに書籍や雑誌の挿し絵などを手がけている。