まっすぐで苦しいほどピュアなひなのちゃん『私が幸せになるまで』吉川ひなの /連載第15回

文芸・カルチャー

公開日:2021/9/11

 私にとって本は、食べて吸収し細胞にするもの。

 食べることと同じくらいを作っていく。

 食物が肉体のエネルギーを作るなら、書物は魂のエネルギーをつくる。

 ひとつだけ違うことは、魂には「お腹いっぱい」という感覚がないこと。

 お腹いっぱいにするために読むのではないのだ。

 この連載「本喰族」では、魂がピンときた本をどんどん喰っていきたいと思います♡

『私が幸せになるまで』吉川ひなの

 吉川ひなの、書き下ろしエッセイ。

 私はひなのちゃんと同年代なので、中学生時代からよく雑誌やテレビで見かけていた。どちらかというと苦手だった。「女の子女の子してる女の子」という印象で。

 最近、SNSで「ひなのちゃんのイメージが変わりました!」と絶賛しているコメントをよく見かけ気になったので、買って読んでみた。

 一言で言うと、この人は本当に、本当に、可愛い人だ!!

 だから、私の抱いていたイメージは全く間違っておらず、むしろ疑うべきはそれを「なんか苦手」と感じるのはどうしてか、という「女の子」に対する自分の感覚だった、笑。私のようにナナメに見ていた奴でさえ、「ちゃん付け」で呼んでしまうほど、圧倒的な女の子。

 ナチュラリストとしてのひなのちゃんのライフスタイルはとても素敵で、面白く読んだ。

 しかし、流行りやファッションでそれをやっているわけじゃない事が、すごくよくわかる。

 まっすぐで苦しいほどピュア。

 ひなのちゃんは現在、学びながら実践している最中ということで、たくさんの方法が紹介されていて、私も暮らしに取り入れてみたいものがたくさんあった。例えば、浄水器とか砂風呂とか。

「老い」の章はとっても共感しながら読んだ。

 アンチエイジングを当然として話さず、「そもそも老けるって何? そんなにネガティブなもの? そんなにずっと若いままでいなくちゃいけない?」と、問いながらも、鏡を見て「どうしよう~」と悩む気持ちを打ち明けてくれている。

 影でいろんな処置をしながらも「私は全然老けません~」なんてフリしてシレッとしている女子美容勝ち負けバトルではなく、ひなのちゃんが「老い」に対して、悩みながら、迷いながら、結論も出ないまま、その気持ちをただありのままに正直に書いてくれたこと、なんて有り難いんだろう、と思った。どれだけの女性が勇気づけられることか!

 もう一つ大共感したのが、「パートナーシップ」の章。

 一人目の妊娠の時は、女性はどんどん体も気持ちも生活も変わっていくのに、何にも変わらない旦那さんにものすごくムカつき、バトルを繰り返していたそうだ。ひなのちゃんも「どうにかして妊婦を労らせてやる!!」という勝ち負けへ全力を注いでいたらしい。

 やっぱり自分と向き合うこと、自分の言葉で自分を見つめることが、一番の成長になるんだな。

「ひなのちゃん」というと、最初の結婚の盛大な報道が強くこびりついてしまっていたが、こんなにも素敵な旦那さんとパートナーシップを築いていたのか。知らなかった。前々から、芸能人はイメージや報道の記憶にずっと縛られて大変だな、と思っていた。

 後書きにこんな一文が載っていた。

「自分の言葉で書くことができるこの場所があって、私はとても幸せです」。

「自分の言葉で書く」ってすごい事だと、今回ひなのちゃんの本を読んで痛感した。飾らず、大きく見せず、素敵に見せようともしない等身大のひなのちゃんの言葉達が、「飾らなくていい」ことへの幸せに満ちていて、とっても幸せな気分になった。ひなのちゃんのように、いつまでもまっすぐ、“可愛い女の子”でいたい。こんなにもたくさんの人にパワーを与える「書く」という行為を大事にしたいと思った。

文=藤本さきこ

第16回に続く

この記事で紹介した書籍ほか

わたしが幸せになるまで 豊かな人生の見つけ方

著:
出版社:
幻冬舎
発売日:
ISBN:
9784344037892

お金の神様に可愛がられる方法

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784046018663

お金の神様に可愛がられる 「3行ノート」の魔法

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784046021496

お金の神様に可愛がられる 「人づき合い」の魔法

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784046024398

(プロフィール)
藤本さきこ●ふじもとさきこ/株式会社ラデスペリテ 代表取締役
1981年生まれ、青森県出身。累計3万人以上を動員した「宇宙レベルで人生の設定変更セミナー」を主宰する人気講演家。4人の子の母でありながら、実業家としても活躍。1日20万アクセスを誇るアメーバのオフィシャルブロガーとしても知られる。友人と共同創業した「petite la' deux( プティラドゥ)」は実店舗からネットショップへ事業形態を変更。布ナプキンや化粧品、香油、ハンドメイド雑貨を販売。そして、「Laddess perite(ラデスペリテ)」では、自身が開発したオリジナルの万年筆やノートやスタンプ、自ら選んだ文房具を発売し、いまや年商3億円を超える規模に拡大。自らの人生を「明らめた(明らかに見た)」結果、宇宙の叡智に触れる経験をして以来、「女性性開花」をテーマに人生の在り方を追求。著書『お金の神様に可愛がられる』シリーズ3部作はベストセラーになり、『お金の神様に可愛がられる手帳』(いずれもKADOKAWA)は、4年連続で刊行している。


ブログ:お金の神様に可愛がられる方法
Instagram: fujimotosakiko_petiteladeux
Facebook:藤本 さきこ