街のすべてが世界遺産のプラハへ持っていった、祖父の遺品とは?/思えば遠くにオブスクラ⑦

マンガ

公開日:2021/10/22

靴下ぬぎ子著の書籍『思えば遠くにオブスクラ』から厳選して全8回連載でお届けします。今回は第7回です。火事で住居を失った28歳のフリーカメラマン・片爪亜生。引っ越しを余儀なくされた彼女が次に住むと決めた場所は、ドイツ。仕事も大志もない、だけどフラリと海外移住。文化、食事、人との出会い…亜生の未体験だらけの生活が始まる――。幼いころ旅好きの祖父に連れられて新幹線に乗ることが多かった亜生。祖父の遺品を持ち、チェコ共和国の首都・プラハに降り立つ。

思えば遠くにオブスクラ

『思えば遠くにオブスクラ』を楽天Kobo(電子)で読む >

『思えば遠くにオブスクラ』をRenta!で読む >


この記事で紹介した書籍ほか