『ラブひな』『魔法先生ネギま!』赤松健の初原画展開催にファン沸き立つ!「青春時代がよみがえる~~~」

アニメ・マンガ

2017/2/1

    img01
    『UQ HOLDER!』12巻(赤松健/講談社)

 『ラブひな』『魔法先生ネギま!』などで知られる赤松健の原画展「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま! 2~ アニメ化記念 赤松健原画展」が2017年3月18日(土)から3月26日(日)にかけて開催される。この知らせにファンたちは「おおおぉぉぉ青春時代がよみがえる~~~」「これは行くしかないだろ!!」と湧きたっているようだ。

 数多くのラブコメ作品を世に生み出してきた、赤松健の初めての原画展は東京スカイツリータウンで開催することが決定。1994年から連載されていた『A・Iが止まらない!』から、最新作『UQ HOLDER!』まで、初お披露目のものも加えて数多くの原画が展示される予定。

 同展のキャッチコピーは、“憧れていた、あの子に会える。”。青春時代の憧れのヒロインは赤松の描く少女たちだったという人も多いようで「憧れていたあの子に会えるのコピーに泣きそうになった。俺の青春のヒロインたち!!」「久しぶりに10年くらい前のオタク友達と集って、俺の元祖嫁に会いに行くとするか」「ああ~~俺の初恋のサーティ… 原画で会えるなんて嬉しいよ~(泣)」と感涙の声が続出中。

 さらに2017年3月17日(金)までは、限定グッズ付前売券も発売中。メインビジュアルにも描かれているサーティ、なる、明日菜、雪姫のスタンドアクリルキーホルダーセットがついてくるとあって「今の赤松先生が描いたなるとサーティのグッズとか死んでも欲しい」「ここでゲットできなきゃ2度と手に入らない極上の一品」と多くのファンが購入を決意しているようだ。

 「青春時代、憧れていたあのヒロインももう年下…」なんて人も多いだろうが、同展で久しぶりに青春時代のあのドキドキを思い返してみては?

■「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま! 2~ アニメ化記念 赤松健原画展」
会期:2017年3月18日(土)~26日(日)
会場:東京ソラマチ(R) 5F スペース634
公式サイト:http://www.akamatsuken-exhibition.com/index.html