マンガ×カフェ「カフェゼノン」姉妹店がオープン

アニメ・マンガ

2012/12/12

 東京・吉祥寺にある「カフェゼノン」は、マンガをモチーフに創られた様々なクリエーターのアート作品を展示するユニークなカフェ。その姉妹店が2013年1月に吉祥寺にできる「吉祥寺じぞうビル」にオープンする。

 新たにオープンするのはコアミックスから刊行されているコミック誌『コミックゼノン』の名を冠した「クシゼノン」と「ゼノンバー」。それぞれマンガをモチーフにした「カフェゼノン」に続いてユニークな店舗になるのは間違いない。

 ビル全体は京都の町並みのような作りになっており、1階エントランスには「吉祥寺御縁地蔵」が建立される。建立にあたり、縁結びで全国的に有名な京都の鈴虫寺の僧侶による開眼供養が行われるという。

 さらに京都には『コミックゼノン』にて『いくさの子 織田三郎信長伝』が連載中の漫画家・原哲夫さんと本能寺がコラボレーションしたアミューズメント施設「元本能寺跡 信長茶寮」が織田信長の命日である6月2日にオープンする。店内には信長にまつわる展示が行われる予定で、そのほかにもイベントスペースやグッズショップなども併設される。

 吉祥寺と京都、それぞれの地域の特性を活かしつつマンガと融合させた面白い施設が誕生する。

⇒「株式会社じぞう屋」公式サイト
⇒「カフェゼノン」公式サイト
⇒「元本能寺跡 信長茶寮」公式サイト
⇒『コミックゼノン』公式サイト(コアミックス)