もしも人魚姫がB型だったら…「血液型くん」が分析!

人間関係

2013/2/7

 『B型自分の説明書』(Jamais Jamais:著/文芸社)をはじめとする血液型別「自分の説明書」シリーズも大人気で、合コンや友達との話のネタとしてもよく使われる血液型。血液型で何かが決まるわけじゃないとわかっていても、やはり血液型ごとの特徴は気になるもの。そして、今ネットで2億アクセスを突破し、4月からはアニメ化することも決まった血液型に関する大人気マンガがある。それが『血液型くん!』(Real Crazy Man/泰文堂)シリーズだ。作者の朴 東宣は、高校の美術教師を経てフリーのWEBコミック作家として活動している。

 シリーズ1作目となる『僕たちヒョレッキョン! ~血液型に関する簡単な考察~』(Real Crazy Man/泰文堂)をはじめ、『血液型くん! 無神経でストレートで小心者の僕ら』(Real Crazy Man/泰文堂)や最新作『大好き血液型くん! 性格と行動のふしぎ』(Real Crazy Man/泰文堂)では、血液型別のあるあるネタから育児のコツまで紹介しているのだ。

 たとえば、うわさ話を聞くと「人に言わないと気が済まない」O型と「秘密を知るとしんどくなる」A型。周りのことにあまり興味関心がないので、そういった「情報にウトい」B型に基本的には人ごとだと流す割に「大体のことはお見通し」のAB型。もしもうわさ話を聞いてしまって誰かに話したくなったら、B型かAB型の人に話すといいだろう。間違っても、O型にだけは言わないほうがいいかも。

 さらには、子どもを叱るとき。A型の子どもは「間違ったところを自分で理解しようとする」ので、こういう理由でダメなんだよということをきちんと説明して納得させることが大切なんだとか。B型の場合は、多少厳しく叱ったところでめったに落ち込むことはないそうだが、感情に任せて叱るのは禁物。O型は「心から心配する素振りを見せる」と効果てきめんで、AB型の場合は分かったふりをして適当に流したり、親をバカにする可能性もあるのできちんと見極めて叱るのが重要だそう。あるあるネタから育児法まで導き出してしまうとは驚きだ。

 そして、みんながよく知っているあの物語までを“血液型あるある”で分析するというコーナーまで。あの物語の主人公にはどんな血液型がぴったりか? もしこのキャラがA、B、O、AB型だったら? などが考察されている。たとえば、「恋に落ちると、とことん愛するタイプ」のA型にぴったりなのは、人魚姫。これがもしもB型だったら、「魔女に王子を人魚にしてくれるよう頼んだ」だろうし、O型なら「自分を犠牲にするような無茶な取引はしなかった」はず。さらにAB型に至っては、見ているだけで満足して「わざわざ一緒になろうとはしないはず」だと作者は言うのだ。確かに、想像してみるとそんな気もする。こんなふうに、もしもあのキャラクターが○型だったら……と想像しながら楽しむのも悪くない。

 その他にも、相手をその気にさせる頼み方やヨイショのしかたといった使えるものから血液型別嫌われる理由といった恐ろしい項目まで。もしも使えそうなもので自分や周りの人に当てはまるものがあったら、1度試してみては?