特集番外編2 2014年5月号

特集番外編2

2014/4/5

特集番外編2 2014年5月号

 

創刊20周年特集番外編

編集M

今月号で『ダ・ヴィンチ』は創刊20周年を迎えます。
そこで今号では、「『ダ・ヴィンチ』感謝の20周年記念特集!」企画を組ませて頂くことになりました。
『ダ・ヴィンチ』ゆかりのたくさんの方々からお祝いのメッセージをご寄稿頂くと共に、また「本」から20年を振り返り、そして歴代編集長に『ダ・ヴィンチ』を振り返ってもらいました。
さらに、これまで「雑誌の顔」となる「表紙」を飾って頂きました方々の中でも、登場回数ベスト3の皆様にご登場頂き、ご自身が表紙を飾ったダ・ヴィンチを持って撮影、取材させて頂きました。
個人的なことで恐縮ですが、創刊時、まだ中学生だった私が、創刊号の表紙を飾って頂きました本木雅弘さんの撮影を今担当させて頂いていることに大変興奮しつつ、また編集者という職に就いてから、大変お世話になりまくりの大泉洋さんに、この特集にてお話を伺わせて頂けたことは、とても感慨深く思いました。
出版不況と言われる何年かの間に、私は出版業界に入り、休刊になった雑誌をたくさん見てきました。
ネットが普及する中、情報誌にとっては、大変生き抜くことに必死だった厳しい数十年だったことを肌で感じてきたように思います。
そんな中『ダ・ヴィンチ』が20周年を迎えることができたのは、常日頃、弊誌にご協力頂いている皆様、そして愛読してくださる読者の皆様のおかげでございます。
20年間、先輩の編集者が紡いできた「本と作家を愛する」姿勢を現編集部員も大切に受け継ぐと共に、また新しい風を吹きこみながら、これからも『ダ・ヴィンチ』の歴史を重ねていきたいと襟を正す所存です。
これからも、末長くよろしくお願いします。