国際アンデルセン賞〈作家賞〉受賞第一作 ――『鹿の王』刊行記念 特別対談 上橋菜穂子×夏川草介

ピックアップ

2014/10/6

 今年3月、児童文学のノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。代表作のひとつ『精霊の守り人』の実写映像化も決定するなど、ビッグニュースが相次ぐ上橋菜穂子さんの3年ぶり、待望の長編『鹿の王』が上梓された。  命の不思議を思わずにいられないこの新作の刊行を記念して『神様のカルテ』の著者であり、医師でもある... 続きを読む