書き出しは無限の可能性!? 書き出しだけの小説集が斬新かつ秀逸!

文芸・カルチャー

2015/4/1

『書き出し小説』(天久聖一:編/新潮社) 小説というのは、起承転結や伏線、キャラクターの心情や物語の展開を楽しむもの。始まりから終わりまで、書き手によって紡がれている。そんな常識を完全に打ち壊す、斬新すぎる小説集がある。その名も『書き出し小説』(天久聖一:編/新潮社)。この本、なんとタイトル通り、書き出しのみしか書か... 続きを読む