書けども書けども、なぜあなたは一次選考すら通らないのか? 小説新人賞受賞にぐっと近づく方法

文芸・カルチャー

2015/4/4

『デビュー作を書くための超「小説」教室』(高橋源一郎/河出書房新社) 国語の授業で小説を読み、作品について考え、感想文を書いてきた日本人にとって、小説は子どもの頃からそばにある身近なもの。上手く書けるかは別として誰にでもはじめられる気軽な芸術であり、エンターテインメントなのかもしれない。 小説を書きたい、小説を出版し... 続きを読む