「水中ニーソ」から「ふともも」まで フェチの世界「曖昧・美少女アート展」開催

エンタメ

2015/4/14

  • 曖昧・美少女アート展

 フェチの世界を存分に堪能できる、写真展「曖昧・美少女アート展」が開催される。「水中ニーソ」「フロントジッパー競泳水着」「ふともも」「絶対領域光るスカート」など、こだわりのフェティシズムに溢れた全150点以上の作品が展示される予定だ。

  • 曖昧・美少女アート展

 嬉しいことに開催日時はGWである2015年4月29日(水)~5月10日(日)。普段、声を大にして「我は○○フェチだ」と叫べずに悶々としている、そこのあなた! GWはフェチ仲間がこぞって集う、浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」に足を運んで、素晴らしきフェチの世界を仲間と鑑賞しよう。

  • 曖昧・美少女アート展

「曖昧」な「美少女」の魅力
 世の中はさまざまなフェティシズムであふれているが、見る人によっては興奮したり、まるでドキドキしなかったりと実に曖昧である。あえて顔を映さない作品や、普段見ることの出来ない水中での神秘的な身体の曲線など、見る側の想像力に委ねられた“曖昧”さこそ、究極の芸術なのかもしれない。今回、あえて「美少女」の前に“曖昧”とつけたことで、芸術の奥に潜む無限の可能性を見る側に考えさせる。作品の中にいる彼女たちの曖昧な美しさを、男女問わずに楽しんでいただけるはずだ。

  • 曖昧・美少女アート展
  • 曖昧・美少女アート展
  • 曖昧・美少女アート展

参加アーティスト
古賀学
フリーペーパー編集発行人を経て、村上隆の作品や宣伝のデザインワークを手がける。近年は水中で女性を撮影した『水中ニーソ』(ポット出版)、『水中ニーソプラス』(ポット出版)を製作。「曖昧☆美少女アート展」ではこれまでの作品に加え未発表の新作を展示するほか、上下左右すべての映像を記録した「全天球水中ニーソ」の動画を体験することができる。

天野清之
面白法人カヤック所属のクリエイターであり、絶対領域拡張計画「光るスカート」の開発者。デザイン、デバイス開発、ライブの演出など、活躍の幅は多岐に渡る。でんぱ組.iceのプロモーションを担当。「曖昧☆美少女アート展」ではアイドルユニット・妄想キャリブレーションの作品などを展示。

ゆりあ
知人女性のふとももを撮影した事をきっかけにふともも写真の魅力に目覚める。以来コツコツふともも写真を撮り溜め、2014年11月、「デザインフェスタ Vol.40」で販売した自費出版の写真集は500冊が完売。「曖昧・美少女アート展」では様々なシチュエーションのふとももに加えて新作作品も展示予定。

※出展者は、上記ほかREALISE、カリスマフェチレイヤーの口枷屋モイラを予定。

関連記事
4年間で1万5000枚! ふともも写真家が語る”太もも”の美学とは【画像あり】
絶対領域&ニーソックス好き必見! ニーソックスが好きすぎる人たち【オリジナルグラビア】

曖昧・美少女アート展

写真展「曖昧・美少女アート展
日時:2015年4月29日(水)~5月10日(日)
時間:11:00~19:00 (最終日は18:00まで)
会場:TODAYS GALLERY STUDIO
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-27-6 5F
入場料:500円
出展者:5組(予定)