又吉「何か新しいことをやりたくなりました」書店員たちが選ぶとっておきの言葉がカルタになった!

文芸・カルチャー

2015/7/28

    明日のカルタ

 「ダウンタウンDX」「一人ごっつ」など、多くのバラエティ番組に携わる倉本美津留。同氏が、全国の書店員に「書店の中にある言葉の中から前向きになれる言葉」を選んでもらい、絵に合わせて紹介する書籍「本屋さんで探す『明日のカルタ』」が、2015 年7月1日(水)に発売された。同書に対し、『火花』で芥川賞を受賞したピース・又吉直樹も太鼓判を押す。

ピース・又吉直樹(芸人)
面白いです! 何か新しいことをやりたくなりました。わくわくしています。

YOU(タレント)
先人から44コの言葉のプレゼント。明日のわたしに、今日はどれを開けよう!

    明日のカルタ
    明日のカルタ
    明日のカルタ

 hontoオフィシャルマガジン「honto+」で連載している「本屋さんで探す『明日のカルタ』」。幅広いユーモアで視聴者を喜ばせる倉本の才能が、同書でも余すところなく発揮されている。また、児童書などでも活躍するヨシタケシンスケがイラストを担当し、倉本の良さをより一層際立たせている。

 「親は子の言うことを聞かなくていい」「今、なにを戦っているんですか?」など、変化球の言葉たち。“明日のカルタ”だが、“今日”手を出してもお手つきにはならない一冊となっている。

    明日のカルタ
    明日のカルタ

明日のカルタ

倉本美津留(くらもとみつる)
放送作家。1959年生まれ。「ダウンタウンDX」「シャキーン!」などのTV番組を手がける。またミュージシャンとしても活動。アルバム「躾(しつけ)」をリリース。ユニット「YOU に美津留」ではNHK みんなのうたに「月」を発表。バンド「くうきにみつる」としてミニアルバム「はにほへといろは」をリリース。著書に『どらごん-道楽言』『日本語ポ辞典』『ビートル頭(ズ)』『ことば絵本明日のカルタ』『もともと人名カルタ』など。

明日のカルタ

ヨシタケシンスケ
1973年神奈川県生まれ。2児の父。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、広告美術など、多岐に渡り作品を発表。主な著書に、『しかもフタが無い』『結局できずじまい』『せまいぞドキドキ』、『そのうちプラン』、『りんごかもしれない』『ぼくのニセモノをつくるには』、『りゆうがあります』など。

■「本屋さんで探す『明日のカルタ』
著:倉本美津留
絵:ヨシタケシンスケ
価格:1,404円(税込)
発売日:2015年7月1日(水)
判型/ページ数:A5変/104ページ
出版社:主婦の友社