綿矢りさ 「女どうしの対決を楽しんで書いた」

文芸・カルチャー

2011/11/14

「男女の付き合いでは“あの人もこの人も別の意味で大切だよね”とか口では綺麗事も言えるけれど、結局は1対1のものですよね。この小説は、優しすぎる男の人が究極の二者択一、今まさに溺れている2人の女性の片方だけ助けなあかんという状況ではどうなるのか、みたいなところから考えはじめました」 書いてみて生き生きと動きだしたのは、... 続きを読む