イベント開催や2期新情報で話題の『ハイキュー!!』コミック・コンテンツ偏差値ランキング

アニメ・マンガ

2015/9/10

 本記事では、8月31日(月)〜9月6日(日)のツイート数からコンテンツ偏差値を指標として算出、1週間単位で上位10位を発表する。

8月31日(月)〜9月6日(日)

順位:タイトル その週の偏差値(前週比較の増減)
1位:ハイキュー!! 82.10(+16.59)
2位:がっこうぐらし! 68.83(-16.92)
3位:弱虫ペダル 60.68(+2.29)
4位:進撃の巨人 54.27(-0.95)
5位:ジョジョの奇妙な冒険 53.08(ランク外)
6位:文豪ストレイドッグス 52.98(ランク外)
7位:ダンジョン飯 50.22(-2.68)
8位:監獄学園 50.13(-1.41)
9位:ヒロイン失格 47.18(+4.07)
10位:キングダム 46.54(-0.59)

    偏差値ランキング
    8月31日(月)〜9月6日(日)のコンテンツ偏差値推移グラフ

 この週は『ハイキュー!!』が、前週+16.59ポイントと急激に盛り上がってきたことがわかる。8月30日にイベントがあったことや、さらにアニメ版の第2期に関する新情報が解禁されるなどした他、全日本バレーボール選手権の天皇杯・皇后杯の『ハイキュー!!』コラボポスターが公開されるなど、さまざまな情報が集中的に発信されたことの影響があると思われる。

 また、順位としては6位と目立つ位置ではないが『文豪ストレイドッグス』もランク外から上ってきた。アニメ化が決定するなど、その人気は既に疑う余地がないところだが、9月4日には新刊が発売したことで話題になったようだ。グラフにもその動きがわかりやすく表れている。

 そして、周りがいろんな要因で上下する中でも大して影響されておらず、なだらかな起伏の『がっこうぐらし!』…。なんという風格だ。

文=コミュコム編集部

集計対象:現在発売中のコミックタイトル
集計期間:8/17 PM12:00 〜 8/30 AM11:59
集計範囲:角川アスキー総合研究所が独自に定義したエンタメ関連全量ツイート
※本ランキング結果は2015/4/1に発表した「Twitterのトレンド視覚化技術」を利用しています。
本技術に関するリリース「次世代エンタテインメントガイドに向けた Twitterのトレンド視覚化技術を発表」

注目ニュース

堂々1位『恋仲』、MVPに『がっこうぐらし!』4ジャンル総合・コンテンツ偏差値ランキング


劇場版公開も影響か『弱虫ペダル』コミック・コンテンツ偏差値ランキング