小林よしのりがいま描き出す壮絶な戦場のリアリティ

アニメ・マンガ

2015/9/22

『卑怯者の島』(小林よしのり/小学館)  戦後70年に合わせ、戦争関連のマンガ本が続々と刊行されている。中でも、小林よしのりの『卑怯者の島』(小学館)は、「戦争とは何か」を改めて捉え直す上で特筆すべき一冊だ。  パラオ・ペリリュー島を想定した南の島を舞台に、玉砕戦に臨む日本兵達を描いた物語だが、冒頭からページをめくる... 続きを読む