ユーザー投票で来年のトレンドが決まる! 第2回 「次にくるマンガ大賞」 作品エントリー開始

マンガ・アニメ

2015/10/1

第2回「次にくるマンガ大賞」

 日本最大級の動画サービス「niconico」と、本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」の共催企画として昨年からはじまった「次にくるマンガ大賞」の第2回を、本日10月1日より開催します!

 「次にくるマンガ大賞」は、ユーザーから広く「次にくる」と思うマンガを推薦(エントリー)してもらい、エントリーされた作品から次にくるマンガ大賞運営委員で候補作品を選定(ノミネート)、ノミネートされた作品を対象に、改めてユーザーの投票を受け付け、大賞を決定するという参加型の新しいマンガ賞で、本日より、コミックス部門、Webマンガ部門の2部門で作品エントリーの受付が「次にくるマンガ大賞」公式サイトではじまりました。

 今回、大賞作品を決定するユーザー投票は、公式サイトに加え、書店チェーン「リブロ」の全国各店から15店舗でも実施します。結果は2015年12月18日(金)にWeb部門を、2016年2月5日(金)にコミックス部門を、それぞれニコニコ公式生放送で発表し、2016年2月6日(土)に発売される「ダ・ヴィンチ」3月号で各部門のランキング作品を特集する予定! ぜひあなたの思う「次にくる」マンガをエントリーしてください!

 

第2回「次にくるマンガ大賞」公式サイト

第2回「次にくるマンガ大賞」公式サイト
(http://tsugimanga.jp/)

 


◆◆ 第2回 「次にくるマンガ大賞」 企画概要 ◆◆

【エントリー方法】
受付期間:2015年10月1日(木)~10月15日(木)
エントリー方法:「次にくるマンガ大賞」公式サイトからエントリー
エントリー作品数:コミックス部門5作品 / Webマンガ部門5作品

【募集部門&エントリー条件】
・コミックス部門 
 -2015年10月1日時点でシリーズ既刊が5巻以内のマンガ作品が対象
・Webマンガ部門
 -2015年10月1日時点でWebをメイン媒体として連載しているマンガ作品
 -ジャンルは不問。ただしオリジナル作品に限る(2次創作、成年指定作品は対象外)
 -すでに書籍化されている場合、シリーズ既刊が5巻以内の作品に限る

【ネットでの投票方法】
投票期間:2015年11月5日(木)~11月19日(木)
投票方法:「次にくるマンガ大賞」公式サイトから投票
 コミックス部門・・・ノミネート50作品から5作品を順位付け
 Webマンガ部門・・・ノミネート20作品から3作品を順位付け
 ※ノミネート作品は次にくるマンガ大賞実行委員会が選考します

   
【書店での投票方法】
投票期間:2015年11月13日(金)~11月27日(金)
投票方法:書店チェーン「リブロ」の全国各店から下記15店舗で投票
実施店舗:浅草店、ecute日暮里店、国領店、調布店、シァルプラット東神奈川店、東戸塚店、ペリエ千葉店、ecute大宮店、ららぽーと富士見店、ピオニウォーク東松山店、新大阪店、イオンモール鶴見店、江坂店、明石店、大分わさだ店
         
【集計方法】
投票の順位別に点数をつけ集計。ユーザー投票に加え、特別審査員(書店員、編集者、書評家など)の投票分も加算した総合ポイントにより、コミックス部門は20位まで、Webマンガ部門は10位までをランキング化。

【結果発表】
2015年12月18日(金) ニコニコ公式生放送にてWebマンガ部門を発表
2016年2月5日(金) ニコニコ公式生放送にてコミックス部門を発表
2016年2月6日(土) 「ダ・ヴィンチ」3月号で各部門のランキング作品を特集

【公式サイトURL】
http://tsugimanga.jp/


 

◆◆第1回 「次にくるマンガ大賞」 受賞作品 ◆◆

エントリー作品数867件、投票数2万7692票の中から頂点に立ったのはこの2作品!

 

「これから売れてほしいマンガ部門」 第1位

『僕のヒーローアカデミア』

堀越 耕平/集英社

多くの人間が“個性”という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる! ん? 私が誰かって? HA‐HA‐HA‐HA‐HA! さぁ、始まるぞ少年! 君だけの夢に突き進め! “Plus Ultra”!!

 

「本にしてほしいWebマンガ部門」 第1位

『ヲタクに恋は難しい』

ふじた/一迅社

隠れ腐女子のOL・成海(なるみ)と、ルックス良く有能だが重度のゲーヲタである宏嵩(ひろたか)とのヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。『次にくるマンガ大賞2014』の〝本にして欲しいWebマンガ部門〟第1位、pixiv内オリジナルコミックブックマーク数歴代1位の大人気作品が多数の描き下ろしを加えて待望の書籍化。

 
第1回「次にくるマンガ大賞」公式サイト