3割が“しくじり婚”だった!?―30代女子のリアルな結婚事情

恋愛・結婚

2015/11/19

結婚したことに後悔はありますか?

 結婚の理想と現実とのギャップとはいかほどのものなのか!? 2015年11月7日(土)発売の女性ファッション誌『InRed』12月号は、「30代の結婚事情」と銘打った特集で、既婚者300人(30代女性)の結婚観をアンケート調査。理想と現実には驚くべきギャップが存在することが判明した。早速調査結果を見てみよう。


結婚したことに後悔はありますか?
「はい」31%
31%もの女性が結婚したことを後悔しているという結果に。やはり長年にわたり夫婦生活を続けていく上で、お互いに不満が溜まるのだろうか? 次にいつ頃後悔したのかを確認していこう。


結婚何年目から後悔しましたか?
「結婚1年目から」48%「2年目から」10%「3年目から」16%
結婚を後悔したことがある女性は、新婚時代からすでに後悔しているというショックな結果となった。


離婚を具体的に考えたことはありますか?
「はい」33%
離婚を具体的に考えたことのある理由としては、「夫のモラハラ」「食事や掃除など家事の不満を言う」「年収が少ない」などの声が上がった。最後に以下のような質問をしている。


生まれ変わっても今の旦那さんと結婚しますか?
「いいえ」55%
離婚を考えたことがある人を20%以上も上回る結果となり、半数以上の女性が生まれ変わったら別の人と結婚したいと考えていることが明らかになった。

 その他にも『InRed』12月号では、30代女子が直面した結婚の理想と現実の驚くべきギャップから、“しくじり婚”をしてしまった30代女子のリアルな結婚生活までを公開している。女性だけでなく男性も必見かもしれない。


■『InRed』12月号
価格:740円(税込)
発売日:2015年11月7日(土)
出版社:宝島社