冷え症、便秘、だるさ、肌あれなど女性の悩みを解消―心にも体にも優しいデトックススープ

食・料理

2015/11/22


 冷え症、便秘、だるさ、肌あれなど、病気ではないものの、ちょっとした不調を抱える女性は多いもの。それを解消するには「出す」ことがとても重要。「出す」ための第1歩は、スムーズに血流を「めぐらせる」こと。そのためには身体を「温める」ことも大切。そのすべてをかなえてくれるのが、温かいスープだ。


 女性の悩みをおいしく食べて解消してくれるデトックススープのレシピ本『出す、温める、めぐらせる からだ想いのおいしいスープ』が、2015年10月20日(火)に発売された。同書では、まず「出す」ためのカギとなる食物繊維と発酵食品を含む食品をピックアップ。そこに、「めぐらせる」&「温める」食材を組み合わせたスープを考案。おいしく飲むだけで、デトックス効果抜群だ。


 また、まとめ作りでアレンジ可能な「作り置きスープ」や、朝食におすすめの簡単な「カップスープ」など、女性のからだにやさしいスープばかり、全98品を紹介。疲れた体に魔法の一口を。栄養まるごといただきます!


<この本で紹介するスープ>
・「出す」食材+αのすっきりスープ
ごぼうと豚肉のトマトカレースープ/レンズ豆とソーセージのスープ/オクラとえびのガンボ風スープ/かぼちゃとマッシュルームのごまミルクスープ/モロヘイヤとセロリ、ひき肉のスープ/アボカドとさけのレモンスープ 他

・まとめ作りのファイバースープ
大豆とごぼう、たこのスープ/あずきと鶏肉のスープ/いろいろきのこのみそスープ 他

・朝食カップスープ
梅干しとじゃこのスープ/高菜とハムのスープ/大豆ともずくの香りスープ 他


■『出す、温める、めぐらせる からだ想いのおいしいスープ
著:石澤清美
価格:1,200円(+税)
発売日:2015年10月20日(火)
仕様:A5判/128ページ
発行:学研プラス