『ターミネーター』好きの“こじらせ映画女子”が主人公! 映画ファンの心をつかむニュータイプの映画コメディ漫画

マンガ・アニメ

2015/12/25


『木根さんの1人でキネマ』(アサイ/白泉社)

 このマンガの主人公は30代の独身OL。趣味は映画鑑賞で、ブログにもその感想を綴っている……。

 とだけ書くと、何だか文化系おしゃれ女子の物語のようだが、『木根さんの1人でキネマ』(アサイ/白泉社)はそんな話ではない! というのも、彼女が好きな映画のジャンルが、それなりに偏ったものだからだ。

 何しろ、彼女が映画に目覚めたきっかけは『ターミネーター』だ。ムキムキのシュワちゃんが全裸で登場し、パンチ一発で相手のハラをブチ破ったり、自分の目ン玉をくり抜いたり、警官を皆殺しにしたりする間に、なんか濡れ場まで差し挟まれたりする、とっても楽しい作品である。

 そんな彼女が本書の各話で熱く語る映画は、やはり“男の子っぽい”ジャンルに偏っている。そして木根さんは、過去にそんな映画を人に勧めた結果、「面白いけど見た後なにも残らない」「木根さんはこういうの好きかもしれないけど、私はもっと深い映画が好きっていうかぁー」などとも言われている。ちなみに第2話で彼女が同期の女性に勧める『バッドボーイズ2バッド』は、何だか前文のような感想がピッタリとも言えるバカっぽい作品だ(でもメチャクチャ面白い)。

 なお彼女はそんな過去の苦々しい経験から、映画趣味を会社では隠しているが、隠したら隠したで、同僚のオジサンたちのネタバレ満載の『スター・ウォーズ』談義にキレそうになったりする。また、趣味を押し付けられることを人一倍嫌うのに、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見ていない同僚に、何とかそれを見させようと躍起になったりする。

 要するに、彼女は趣味が偏っているうえに“こじらせている”わけだ。そのこじらせっぷりは、彼女のキャラクターとしての魅力でもあるし、物語を突き動かす原動力になっている。「趣味の押しつけはしたくないけど、好きな作品を人に見てほしい」「変な感想を言われるとムカつくけど、趣味について人と語り合いたい」という彼女の抱える葛藤は、多くの人が共感できるもののはずだ。

 なお木根さんはパム・グリアのようにムダに体型がグラマラスで、お尻をプリプリさせる場面や、ムチムチのお尻のアップなどが各話に挿入されている。このサービス過多っぷりも、木根さんが愛するハリウッド映画から受け継いだものだろう。映画のコネタが満載なのはもちろんのこと、「何かこの映画エロそうだぞ!」という動機で劇場に足を運んでしまう男性をも、きっちり満足させてくれる作品だ。

文=古澤誠一郎

白泉社の12月おすすめ書籍を紹介中!